哲学とは、「反社会・非社会的営み」である

論文を書かずとも、血肉になる哲学はできる

塩谷賢●1962年生まれ。東京大学理学部数学科卒業。厚生省勤務を経て、東京大学大学院科学史科学哲学専攻を満期退学。専門は時間論。現在はフリーランスの哲学者として世界で活躍中。

現代日本(だけではないでしょうが)の哲学界の実情はこうなのですが、ここであらためて反省してみるに、論文を書くことは必ずしも哲学することの要件ではないのではないか? それは、哲学研究者の要件かもしれないけれど、哲学者の要件ではないのではないか? と言うと、すぐソクラテスを想い起す人がいますが、そんなに古い大物を出さなくても、すぐ近くに塩谷賢というモデルがあります。

彼とはもう30年を超える付き合いであって、いま「哲学塾」の講師をしてもらってもいるのですが、まさに万巻の書を読み、現代数学でも、論理学でも、素粒子論でも、カントでも、フッサールでも、ウィトゲンシュタインでも、ラカンでも……とにかく何でもかんでもわかってしまう。

そして、何十もの学会や研究会に出席し(海外にまで足を延ばし)、絶えず激しい哲学議論を戦わせ、ほとんどすべての人を打ち負かし、しかも何も書かない……というわけです。

論文を書かない哲学者だっていていい

ここで私は、その生き方を万人に勧めたいわけではなく、ただ、こういう仕方で哲学を続けるのもアリだと確信しているのです(では、彼はどうやってカネを稼いでいるのか? それは秘密です)。絵を描かない画家は画家ではないし、小説を書かない小説家はいない。しかし、哲学論文を書かない哲学者はいていいし、現にいるのです。

そこで、やっと以上のテーマを「哲学塾」に繋げますと、ここは、まさに(3)を削り取り(1)と(2)だけに目標を絞って哲学を学ぶ場と言えましょう。ということは、「哲学塾」では将来プロの哲学研究者になるような技法は何も教えていない。ここで10年哲学を学んでも、どこかの大学に就職できるわけではないし、「哲学作家」になれるわけでもない。ただ、哲学を究めるだけです。

じゃ、ウチに閉じこもってひとりでやればいいじゃないか、と言うかもしれませんが、そうではない。じつは哲学は(天才以外は)ひとりでは絶対にできないのです。いや「できる」かもしれませんが、思考の優劣・深浅の判断基準がきわめてあいまいなので、無限に、まさに「ひとりよがり」になる危険がある。前回、在野にはほとんど哲学的才能を見いださないと断言しましたが、それは、こういう意味です。

ときたま、とくに若い人で、「あっ!」と思うようなオリジナルでシャープな見解を持っている人がいますが、それを何十年も(死ぬまで)維持するのは至難の業。いつしか「ぐるぐる回り」が始まり、社会にもまれていくうちに、生き生きとした新芽も次第にしぼんでしまうことでしょう。

なぜなら、哲学とは、反社会的、少なくとも非社会的な営みだからです。「いま」とか「ある」とか「ない」とか「私」など、ほとんどの人が問題にしないこと(問題にしたくないこと)を問題にするからです。そして、何より、哲学の道具は言語しかないので、というより、哲学は言語そのものなので、哲学を続けるには、通俗的・社会的言語から自分を隔離する必要がある。そして、まったく新たな気持ちで哲学言語(という特殊なものがあるわけではないのですが)、を学んでいく必要がある。

次ページ先人たちの「企て」を知っておく意味
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。