「40代後半女性」が仕事を辞めようと思う瞬間 突然「人のために何かをしたい」と思うように

拡大
縮小
40代後半で長年勤めた会社を退社することで見えてきた「生き方」(撮影:梅谷 秀司)
この記事の画像を見る(3枚)
50歳の節目に、TBSを退社したフリーアナウンサーの堀井美香さん。その退社にいたるまでの心境をつづったエッセイ『一旦、退社。~50歳からの独立日記』が、同年代の女性の共感を呼び話題となっている。一方、「日経xwoman」元編集長の羽生祥子さんも、45歳で日経BPを辞め、著作家・メディアプロデューサーとして新たな一歩を踏み出した。
くしくも同じ年代、同じタイミングで長年勤めた会社を飛び出し、沖に出た“退社同期”の2人による対談の後編。話題は「退社論」を超え、40代後半の女性ならではの仕事との向き合い方や、人生終盤を迎えての「生き方」まで及んだ。

フリーになって一度「壊れた」

――独立してから、仕事を引き受ける際のポリシーや指針は持っていますか?

堀井:そういうのが最初はなくて。声かけてもらうのがありがたいから、やったことのない仕事でもとりあえず「はい、わかりました!」って(笑)。もう土日もいとわずに。

羽生:私もそうでした。忙しいから断るなんて100万年早いわ! 睡眠なんて後でとるから! って思っていましたから(笑)。1日に最大で4講演入れたこともあります。

堀井:1日4講演! すごいですね。

羽生:綾小路きみまろさんとか、若い頃の天童よしみさんとか、1日に何公演もしている人は軽く乗り越えているんだろうな、って想像しながら……。

堀井:きみまろさんをベンチマーク(笑)。

羽生:そう、今までとぜんぜん違う人をベンチマークして(笑)。でも結局、一度壊れちゃいました。

堀井:壊れるとどうなるんですか?

次ページ気がつかないうちに目から「水」が…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT