「斎藤」「斉藤」「齋藤」「齊藤」・・この差って何?

錦織圭が「ニシキオリケイ」ではない理由

高信氏がかつて調べたときのデータによれば、日本には「サイトウ」と読む姓が31種類は存在しているはずだという。

中でも断然トップが「斎藤」で15万0494件。続いて斉藤が7万3424件。齋藤が1万7071件。そしてグッと減って齊藤が1111件。

以下、「西藤」「西塔」「才藤」「済藤」「西頭」と続き、さらに「西等」「佐井藤」「再藤」など日本全国で100件を割る小数派のサイトウさんが21パターン確認されているという。

その由来に衝撃を受ける

由来について伺うと、高信氏からは衝撃的な答えが返ってきた。

実は少なくとも、「斉藤さん」斎藤さん齋藤さん齊藤さんの4つの姓は、すべて同じ斎藤が由来で、残る3つの姓は役所の人間の書き間違いによる、とのこと。

書き間違い……。

まさに冒頭で、ビジネスマンにとってご法度だと書いた事態が、役所で起きていた!?

これはいったいどういうことなのか。

TBSテレビ『この差って何ですか?』 では、気になる「この差」を徹底解明!

時は平安時代。藤原氏の一族である藤原叙用(もちのぶ)が、伊勢神宮の近くにあった役所の「斎宮寮(さいぐうりょう)」の長官を務めていたことから、「斎宮寮(さいぐうりょう)の藤原氏」ということで「斎藤」を名乗ったことが始まりだという。

それ以降、多くの「斎藤」が誕生することになるが、明治時代になると、それまで貴族や武士など高貴な人間しか名字を使うことが許されていなかったのが、国民全員に名字を名乗ることが義務付けられるようになり、多くの庶民が役所に行き、名字を申請した。

このとき人々は口頭で名字を伝えたが、当時、すべての役人が読み書きをできたわけではなかったため、

「サイトウでお願いします!」

と言われたのに対し、役人はそれぞれ思い思いの「サイトウ」を書いてしまったというワケ。

具体的には「齋藤」は旧字体で書いてしまったパターンで、齊藤は旧字体の書き間違い。そして斉藤は本来の斎藤の書き間違い、というのだ。

そもそも「斉」は当時「さい」ではなく「せい」と読んでいたので、単純な間違いとしか言いようがないらしい。

次ページでは、「ニシコリ」「ニシキオリ」の差は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。