「斎藤」「斉藤」「齋藤」「齊藤」・・この差って何?

錦織圭が「ニシキオリケイ」ではない理由

「斉藤さん」は「斎藤さん」の書き間違い……。取材班はこの衝撃の事実を世の「斉藤さん」に直接お伝えしに行った。

が、皆さん一様に微妙なリアクション。「今さら言われてもなぁ(苦笑)」というのがほとんどでこちらも「ですよねぇ」と応えるのが精一杯でした。

ニシコリ、ニシキオリ……、この差は?

そしてここから、さらなる疑問。漢字違いで同じ読みの「サイトウさん」で衝撃情報をキャッチしたところで、同じ漢字で読み違いの場合はどうなのだろうか? たとえば、世界に誇る日本の宝「錦織圭」の「ニシコリ」と、かつてニッキの愛称で世の女性を夢中にさせた、少年隊のリーダー「錦織一清」の「ニシキオリ」。この差はいったい?

名字研究家の高信氏によると、「ニシキオリ」は「ニシコリ」の後に誕生した名前で、元祖は「ニシコリ」とのこと。ニッキさん、すいません……。

何でも「錦織」は滋賀県大津市の「錦織郷」が由来で、この土地を本拠としていた、錦を織る技術で名をなした中国系の渡来人、錦織(ニシコリ)氏からきているとのこと。

ただ、この名残が残っているのは島根や鳥取だけで、その後全国に広まっていった「錦織」姓は、漢字表記に従い「ニシキオリ」読みになっていったということで、全国的には「ニシキオリ」読みがメジャーになっているというわけ。

調べてみれば、錦織圭選手も島根県松江市の出身。今となっては少数派となってしまった「ニシコリ」読みを、世界のメジャーに押し上げたのが錦織圭選手だったのだ。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。