地震、津波、火災の三重苦に、原発の風評被害まで。孤立感高まるいわき市久之浜地区を歩く【震災関連速報】


 地震、津波、火災の三重苦に直面したこの地区に、さらに厄災が襲いかかろうとしている。原発の風評被害だ。熊木さんががれきの中から自分の服を掘り出そうとしていることからもわかるように、ここでは物資不足が著しい。やはり、原発の恐怖から物資が十分に運び込まれないからだ。久之浜第一小学校など3カ所が避難施設になっているが、すでに、この地域から離れていった住民も少なくない。

「原発を恐れて、もう戻ってこないのではないか」。

横を通り過ぎた別の男性はこうつぶやいた。熊木さんも「街はもうだめにんなってしまうのか」、とため息をついた。

27日、いわき市の中心部では、震災後に閉店していたイトーヨーカ堂、イオンが久しぶりに店を再開した。市民はこの2つのスーパーマーケットにどっと押し寄せた。しかし、中心部から離れた久之浜、豊間など、被害が甚大な海辺地域はその恩恵も乏しい。車で出かけようにもガソリンは尽きているし、車も津波に持っていかれてしまった家が少なくない。基幹交通手段の常磐線はいまだ不通、バスも休止している。周囲から閉ざされがちな中で、風評被害も重なった孤立感が漂っている。
(浪川 攻 =東洋経済オンライン)


■いわき市久之浜 タイトル横写真も

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。