地震、津波、火災の三重苦に、原発の風評被害まで。孤立感高まるいわき市久之浜地区を歩く【震災関連速報】


 地震、津波、火災の三重苦に直面したこの地区に、さらに厄災が襲いかかろうとしている。原発の風評被害だ。熊木さんががれきの中から自分の服を掘り出そうとしていることからもわかるように、ここでは物資不足が著しい。やはり、原発の恐怖から物資が十分に運び込まれないからだ。久之浜第一小学校など3カ所が避難施設になっているが、すでに、この地域から離れていった住民も少なくない。

「原発を恐れて、もう戻ってこないのではないか」。

横を通り過ぎた別の男性はこうつぶやいた。熊木さんも「街はもうだめにんなってしまうのか」、とため息をついた。

27日、いわき市の中心部では、震災後に閉店していたイトーヨーカ堂、イオンが久しぶりに店を再開した。市民はこの2つのスーパーマーケットにどっと押し寄せた。しかし、中心部から離れた久之浜、豊間など、被害が甚大な海辺地域はその恩恵も乏しい。車で出かけようにもガソリンは尽きているし、車も津波に持っていかれてしまった家が少なくない。基幹交通手段の常磐線はいまだ不通、バスも休止している。周囲から閉ざされがちな中で、風評被害も重なった孤立感が漂っている。
(浪川 攻 =東洋経済オンライン)


■いわき市久之浜 タイトル横写真も

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。