テック弱者の記者、プログラミングを学ぶ

わかりそうでわからないあの"呪文"に挑む

そうやってひとつ目のゲームに悪戦苦闘しながら、ふと周りに目をやる。なんと、多くの子たちが、とっくに3つのゲームを作り終えている。しかも、「アイテムを取ったらキャラクターの色が変わる」など、テキストに書いてないカスタマイズをしてる子までいるじゃないの。初心者がほとんどのはずなのに、なに、この違い。そういえば、インストラクターと小学生のこんなやりとりを耳にした。

「これってマインドマップといっしょだね」(生徒)

「え、知ってるの?」(インストラクター)

「うん。『思考の地図』でしょ」(生徒)

パパ、ママはどう感じている?

ぎゃー、もうやだ。休み時間もパソコンにかじりついて、夢中でプログラミングに熱中する子どもたちをよそに、こっちは1時間ほどで限界に。付き添いのパパやママに話を聞く。

「自分がSE(システムエンジニア)なので、プログラムが動いたときの達成感を子どもにも知ってもらいたかった」と小学生男児のパパ。

「ゲームが好きな子なので、作る興味も持ってもらいたくて」と小学生女児のママ。

結局この日、私が5時間かけて完成させたのは、猫がビーチボールをひたすら追いかけるプログラムのみ。ゲームでも何でもなく、ひたすら追いかけてるだけだけど、まあ、いい。

エンジニアとの摩擦減

続いて大人向けのプログラミング講座に参加した。こちら「テックアカデミー」は、非エンジニアの初心者向けコースが充実するプログラミングスクールだ。運営会社「キラメックス」の村田雅行社長は言う。

「起業してこのスクールを立ち上げたのは、2年半前。受講者は子どもから60代まで約4000人に上りました。SEなどのエンジニアになりたい人だけでなく、今や一般の人にも、プログラミングは必要なスキルになりつつありますね」

コースを見ると、プログラミングといっても、いろんな言語がある。はやり廃りがありそうだが、村田社長は、

「流行のプログラム言語はあっても、基本原理は変わりません。大丈夫ですよ」

次ページ再び、呪文に挑む
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT