テック弱者の記者、プログラミングを学ぶ

わかりそうでわからないあの"呪文"に挑む

こりゃあ大変。さっそく、プログラミング教室を探すことにした。今回参加させてもらったのは、子ども向けと大人向けの2つの講座。まずは簡単そうなほうから。特別に加えてもらった、春休みの子ども向けプログラミング教室だ。

小学校でもプログラミングの授業を導入

小学3年生から中学3年生を対象にした2日間(受講料2万6000円)の教室。企業向けのソフトウエア開発などを手掛ける「情報技術開発」(東京)が、今年から始めた。ソリューション企画部の八十雅世さんによると、自分の時代は木の棚や豚汁を作っていた中学校の「技術家庭」の授業で、今やプログラミング学習が必修になっているそうで、

「小学校でもプログラミングの授業を導入する動きがあり、関心は高まりつつあります。そこで立ち上げたのが、この『IDEA Makers』という子ども向けの教室です」

ここで使うのは「スクラッチ」というツール。米マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボによって開発され、呪文のような文字を打ち込まなくても、視覚的にプログラムを組み立てられる。子ども向けのプログラミング教室でよく使われているのが、これらしい。

意外にも簡単にゲームができた

たとえば、「10歩動かす」というブロックと「もし端に着いたら跳ね返る」というブロックを合体させると、画面にいるキャラクターが、歩く→端までくる→反対方向に歩く、という動作をする。“昭和”の子どもを夢中にさせた「電子ブロック」のデジタル版みたいなものか、と考えていると、インストラクターが「一緒にクイズゲームを作ってみましょう」と合図。

言われた通りにブロックを合体させていくと、あら簡単。2つのキャラクターが画面上でぶつかり、一方が三択クイズを出して、もう一方が答え、合っていればこう言い、みたいなクイズゲームが、10分ちょっとでできてしまった。

「スマホアプリで億万長者」の夢が再び頭をもたげてきたが、世の中、そう甘くはない。次は自力でブロックを合体させ、3つの簡単なゲームを作る。テキストどおりに組み立てたつもりが、何かのブロックが抜けていたり、合体させる場所が違っていたり。相手は機械だけに、プログラミングのちょっとのミスでも、だんまりを決め込んでピクリとも動きやしない。

次ページ子どもたちがすごい!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT