正念場のヤフーが打つベンチャー投資の勝算

成長の「踊り場」を脱せられるか

画像を拡大
メンバーを紹介するサイトはユーモアが満載。鎌倉武士の衣装を身につけているという(同社ホームページより)

YJキャピタルが設立されたのは、ヤフー本体とのシナジーの有無にとらわれず、柔軟に投資を行う目的があった。10億円でスタートし、その後30億円まで増額した1号ファンドは19社に出資し、4社(フリークアウト、レアジョブ、みんなのウェディング、Aiming)が新規株式公開(IPO)を果たした。

では、今後は、「純投資」と「本体へのシナジー」のどちらを重視するのか。その点に関しては2号ファンドでもシナジーにこだわらず、純投資を優先させる方針だという。ただ、「(投資先との関係が)ゆるい経済圏になっていて、資本関係があるほうがいろいろな話ができる。そういう意味でのR&D(研究開発)の外出しという意味もある」と、ヤフー本体に新たな成長エンジンを取り込む可能性についても含みを持たせる。

ソフトバンク孫社長とも情報交換

平山氏はソフトバンク社長兼ヤフー会長の孫正義氏とも情報交換を行うグループの重要人物。ヤフーの企業戦略本部長として、「ある程度以上のM&Aの案件は、全て孫(正義)会長の目を通るので、しばしば案件の説明に行く」関係だ。

週刊東洋経済2015年4月4日号(バックナンバー)の第3特集は『ベンチャー投資の舞台裏』。今、事業会社によるベンチャー投資が活発化しています。その狙いや舞台裏に迫ります。→購入はこちら

「投資先の企業が大きくなって提携や買収を行うこともあり得るが、それがなくても時価総額のところで返ってくれば良い。ソフトバンクが良い例で、(中国 EC最大手の)アリババ・グループ・ホールディングに投資して大当たりしたことが、評価として返ってきている」(平山氏)。

ソフトバンクは2000年に 20億円を投資したアリババが2014年9月に上場し、一時10兆円の含み益が発生した。「短期間ではなく、長い目で見たときに、良いと思える企業に投資する」という投資戦略は大きな実を結ぶのか。平山氏をはじめとする、YJキャピタルのメンバーの目利きが、踊り場を迎えているヤフーの成長を再加速させるかどうかのカギを握っている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。