正念場のヤフーが打つベンチャー投資の勝算

成長の「踊り場」を脱せられるか

YJキャピタルの平山竜代表取締役(撮影:梅谷 秀司)

日経平均株価が2万円に迫る展開の中、ベンチャー企業の資金調達額やIPO(新規株式公開)件数が増え、久方ぶりにベンチャー業界は盛り上がっている。一方でスマホゲーム会社gumi(グミ)のように、期待されながらIPO直後に業績を下方修正する”残念”なベンチャーも散見される。

このブームとも言えるベンチャー投資の裏で存在感を増しているのが、コーポレート・ベンチャーキャピタル(CVC)と呼ばれる、事業会社によるベンチャーキャピタルだ。VCの運用額で見ると、2014年にCVCを含む事業会社系の規模は独立系、金融機関系のVCを押さえ、トップに躍り出ている(ジャパンベンチャーリサーチ調べ)。

ヤフーは創業来初の営業減益へ

数多あるCVCの中でも資金額、人員ともに手厚いのが、ヤフーが100%出資するCVCのYJキャピタルだろう。親会社のヤフーは2015年3月期決算で、1996年の創業来初の営業減益が見込まれている。主力のPC向けネット広告がかつての勢いを失う正念場の中で、YJキャピタルにかけられる期待が高まっている。ヤフーは体制を新たにしたYJキャピタルでどのように突破口を開こうとしているのか。

YJキャピタルは今年1月、200億円の2号ファンドを立ち上げ、パートナーなどの在籍メンバー数も14人に倍増させた。ヤフーが、なぜこのタイミングでベンチャー投資を加速させているのか。 

「理由は2つある。まず、イノベーションのすべてがヤフーの中で起こるわけではない。そのことを考えて、外部で起きるイノベーションをすくいに行く。さらには、ヤフーが大きく育ててもらった日本のインターネット業界に、貢献していきたいという思いがある。社会的使命のような意味合いだ」。こう話すのは、1月の新体制発足と同時に就任した、YJキャピタルの平山竜代表取締役だ。

次ページ平山氏の経歴とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT