「偏差値30台」から医師を目指した意外なきっかけ アジアで医療活動する吉岡秀人医師の「原点」

✎ 1 ✎ 2
拡大
縮小
1995年ミャンマーに単身で入り、人口32万人の地域で医療活動を始めた吉岡秀人氏(写真:NHK番組「最後の講義」)
1995年ミャンマーに単身で入り、人口32万人の地域で、わずか1人の医師として医療活動を始めた吉岡秀人氏。それから25年以上活動を続け、いまでは海外で医療支援ができるスキームを作り、途上国で子どもたちを救い続けています。途上国での医療は決して簡単な道のりではありませんでした。NHKBS1・NHK総合の人気番組「『最後の講義』医師 吉岡秀人」の未放映分も収録した『最後の講義 完全版 吉岡秀人 人のために生きることは自分のために生きること』を一部抜粋し再構成のうえ、本稿では吉岡氏が医師になったきっかけについてご紹介します。
(※吉岡医師の「吉」の字は正しくはツチヨシ)

戦争を引きずっている人たちがいた時代

僕は30歳の時、ミャンマーという国にたった一人で行きました。お金、握りしめて。当時、軍事政権でした。1995年の話ですね。軍事政権かどうかも、行くまでよく知らなかったんです。

国際送金はできませんから、手持ちでお金は持って入らないといけない。次のお金が届くまで、誰かが肉体と一緒に持ち込まないといけないっていう、そんなところに。

僕は1965年生まれです。僕が生まれた頃って、第二次世界大戦終わって20年目じゃないですか。生まれる20年前には、日本って毎日、爆弾が降ってたんですね。大阪の吹田市っていうところで生まれたんですが、吹田市には毎日毎日、爆弾が降ってたわけです。

僕が小さい頃には、アメリカがベトナム戦争をしてた。ベトナムで爆撃をしてたし、それから数年後、カンボジアではポル・ポト政権っていうのが出て、国民の4分の1ぐらい殺したと言われていますね。

僕が生まれた頃、中国は文革が始まった頃ですから。僕がまだ大学生の頃まではですね、韓国だって軍事政権ですよ。韓国の大統領って軍服着てたんですよ。今の韓国から想像できないですね。

世界は真っ二つに割れて、東西冷戦していて、ドイツは東ドイツと西ドイツ、まだ二つだったんです。しかも国境線をまたいで核兵器が向かい合っていた時代。それが僕が生まれ育った時代なんですね。

戦争の状況下にある人とか、あるいは、まだまだ経済が貧しくて苦しかった人たちがたくさんいて。そういう人たちのことを、映像とか新聞とか、そういうものを通して僕は知ることになるんですね。

次ページ吉岡医師の幼少期の体験
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT