52歳転職で「4社内定」年収増も果たした人のリアル “最終面接落ち"を克服し1年弱で新天地へ

拡大
縮小
建設資材の野原ホールディングスに転職を果たした森田繁雄さん(撮影:佐々木仁)

再雇用まで今の会社で働くのか、それとも転職や独立で別の道を選ぶのか。人生100年時代、「次の50年」を考える30~50代が増えている。

2022年秋、27年勤めた会社から52歳で異業種に転職し、セカンドキャリアを歩み始めたミドル世代がいる。建設資材・野原ホールディングスの森田繁雄さん。約半年間で140社超にエントリーし、4社から内定を得た。最終面接落ちの悔しさをバネに、弱点を克服し内定を勝ち取った森田さんの転職ストーリーとは。

想定外だった子どもの大学院進学

関東に住む森田さんは新卒で広告代理店に入社した。その会社が入社後約1年半で解散し、27年前に教育関連の会社へと転職。直近10年は広報担当として、会社のブランディングやメディア対応を務めた。転職する時は部長代理のポジションだった。

森田さんが転職を決めたきっかけは大きく2つ。1つは大学2年生の息子が大学院への進学を希望したことだ。大学までの費用は貯金していたが、大学院は想定外で、その費用を改めて稼ぐ必要があった。もう1つは今の会社での「やり切った感」。このままの流れで働いていくより、新しいチャレンジがしたいと森田さんは考えた。

「転職を考えているんだけど」。2021年の秋、妻と息子にこう切り出した。反対されるかもと思っていたが、2人とも「そうなんだ、やってみたら」とあっさり背中を押してくれた。自分のセカンドキャリアについて普段から妻と話していたため、それほど驚かれなかったのかもしれないと森田さんは振り返る。

次ページベンチャーから上場企業まで70社にエントリー
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT