DeNAと任天堂、「スマホ弱者連合」の行方

ガラケーと専用機、ゲームの覇者が方針転換

DeNAの守安社長(右)は任天堂の岩田社長(左)に、5年前からラブコールを送り続けていた

ハードが売れなければソフトも売れないため、外部のソフト開発会社も、任天堂向けの新作ゲームの開発を躊躇してしまう。その先にあるのはさらなるユーザー離れだ。

こうした中、今秋には会員制のユーザーサービスを刷新。DeNAとの共同開発で、ゲームアプリや家庭用ゲーム機、16年発表予定の新型ゲーム機などと連携させ、個々のユーザーごとに情報を管理・運用するプラットフォームへ切り替える。スマホからゲーム専用機への“送客”を促すことで、ゲーム人口の拡大につなげる狙いがある。

DeNAの守安功社長が、自社のゲームプラットフォーム「モバゲー」で任天堂キャラクターのゲームを展開するために、岩田社長にラブコールを送り始めたのは、10年6月までさかのぼる。

早すぎるスマホ時代のスピード

当時はソーシャルゲームでわが世の春を謳歌していたが、スマホシフトが遅れたことで、DeNAも近年は業績低迷に苦しんできた。岩田社長は「守安さんが『黒子になっても構わない』と話したことがあり、われわれの戦略オプションが増えた」と語ったが、DeNAがプラットフォーム戦略を転換していなければ、提携は実現しなかったのかもしれない。

「かつて家庭用ゲーム機で10年かけて起こった変化が、(スマホでは)2年くらいのスピードで起こっている」(岩田社長)。やっと決断したスマホ展開は吉と出るか。

「週刊東洋経済」2015年3月28日号<23日発売>「核心リポート04」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT