有料会員限定

「1億円超え」のマンションが集まる駅を一挙公開 「駅別」の新築マンション価格帯を3年前と比較

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

新築マンションが高騰する中でも高値の物件が集まるエリアはどこか。首都圏、関西圏、中部圏で3年前と比較して価格が高騰している駅を一挙公開する。

1億円超えのマンション
豊洲・勝どきも高級タワーマンションが集うエリアとして有名だ(撮影:今井康一)

特集「熱狂のマンション、崖っぷちの戸建て」の他の記事を読む

新築マンションは価格高騰の局面が続いている。不動産経済研究所が2022年11月に公表した10月の首都圏新築分譲マンションの平均価格は6787万円と、2022年1月から10カ月連続で6000万円を超えた。パークホームズ新小岩三丁目(東京・葛飾区、1期1次20戸)など即日完売物件も2件あった。

高値圏での推移に、消費者の間では「新築マンション価格は、さすがにピークで今後下落するのではないか」と見る向きもある。だが、「マンションの価格が急落することは、当面ない」と見る業界関係者は多い。

マンションの市場動向に詳しい東京カンテイの井出武上席主任研究員は、「金融機関は不動産(マンション)購入に対して積極的な貸し出し姿勢を変えていない。融資がつくのならば、歯車は回り続ける(好環境が続く)」と語る。

みずほフィナンシャルグループの不動産専門のシンクタンク、都市未来総合研究所の湯目健一郎執行役員も、「ローン金利については、先高感があるものの、短期間で急激に上がらなければ(マンション需要への)影響は限定的だ」と見る。

2008年のリーマンショック時は住宅ローン問題が引き金になったこともあり、金融機関が世界的に混乱し、融資が滞った経緯がある。今回は過熱感があるものの、金融危機が起きているわけではないので、パワーカップル(夫婦ともに高収入のカップル)を中心とする消費者の需要は当面冷え込まないというわけだ。

高値マンションが集まるエリアはここだ

マンション価格の高値局面が当面続くとの見方が多い中で、すべてのエリアで高価格物件が求められているわけではない。

「消費者の趣向は二極化してきている。都心部のマンションは相当高くなっている。資産性を重んじて、駅から近い物件を高価格でも求める層がいる。一方で、都心から離れているが、周辺環境のよい郊外の物件を価格とのバランスで求める層もいる」(東京建物の神保健取締役)。

では、高値物件が集まるエリアはどこか。それを探るために、東京カンテイのデータを基に「駅別」の価格帯推移を一覧にしたのが3ページ目以降の表だ。「現在価格帯」は2019年11月~2022年10月の3年間の平均値で、分譲戸数が10戸未満の駅や専有面積30㎡未満の駅、事務所・店舗用途のものは除いている。

まず「首都圏」を見てみよう。ここでは現在価格帯が1億円以上の駅のみを抽出した。

次ページ「近畿圏」で7000万円超えのマンションの駅は?
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
熱狂のマンション、崖っぷちの戸建て
「駅別」の新築マンション価格帯を3年前と比較
東京23区外や神奈川への注目度の上昇が目立つ
大手デベロッパーの開発者が最新事情を激白
デベロッパーにより異なる立地・サービス戦略
広い土地なくても開発可能、稼ぎ方は2通り
首都圏トップ100、関西圏トップ40を一挙公開
マンション業界の悪弊排除したサービスを構築
サービスの質を低下させない管理会社はここだ!
品質がよければ新築・中古はこだわらない
カチタスや飯田グループの「きめ細やかな」戦略
原料の高騰や供給制約が価格に影響を及ぼす
市街地開発絡みなどリスクの低い物件を開拓
金利は何パーセントであれば許容範囲なのか
用地仕入れの専門家たちが今後の行方を激白
安価だから購入するという動機はとても危うい
それぞれのメリット、デメリットを把握しよう
ここ数年間の需要の先食い影響を指摘する声も
東京トップ70、神奈川などトップ100を一挙公開
なぜ「水回り」のわなが突然降りかかるのか
漏水事故でなぜか下りないはずの「保険」が下りる
トラブルは駐車場、ルーフバルコニーでも起きる
今さら聞けない「管理の質」を向上させるポイント
建物の「老朽化」と住民の「高齢化」に対応する
管理組合は物価上昇を計画にどう盛り込むべきか
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内