有料会員限定

「知らぬ間に漏水の加害者」中古マンションの盲点 なぜ「水回り」のわなが突然降りかかるのか

✎ 1〜 ✎ 18 ✎ 19 ✎ 20 ✎ 最新
拡大
縮小

突然降りかかる漏水事故。まずは自室の配管の把握が肝要だ。

天井から雨漏りした雫が階下の住民に落ちるイラスト
(イラスト:髙栁浩太郎 )

特集「熱狂のマンション、崖っぷちの戸建て」の他の記事を読む

高経年ながら好立地、大規模修繕も定期的に実施されていて、管理状態は良好。外観も美しいし内部は最新鋭の設備が入って新築同然。そんなリノベーションマンションを購入して入居した途端、「階下で漏水事故が起きた。原因はお宅の老朽化した給湯管だから責任を取れ」と言われたら、冷静でいられる人はどのくらいいるだろうか。

まず、室内で大量の水をこぼした覚えはまったくないのに、階下で大量の漏水が発生したとしよう。住民から通報を受けた管理会社の指示で設備工事会社がやってきて簡単な調査をし、漏水は自分の部屋の床下を通っている給湯管のどこかに穴が開いたからだということが確定。すぐに床を開け穴が開いた箇所を探して修理をする必要があり、しかもその費用は自己負担だと言われる。

次ページ専有部である以上管理責任は区分所有者が負う
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
熱狂のマンション、崖っぷちの戸建て
「駅別」の新築マンション価格帯を3年前と比較
東京23区外や神奈川への注目度の上昇が目立つ
大手デベロッパーの開発者が最新事情を激白
デベロッパーにより異なる立地・サービス戦略
広い土地なくても開発可能、稼ぎ方は2通り
首都圏トップ100、関西圏トップ40を一挙公開
マンション業界の悪弊排除したサービスを構築
サービスの質を低下させない管理会社はここだ!
品質がよければ新築・中古はこだわらない
カチタスや飯田グループの「きめ細やかな」戦略
原料の高騰や供給制約が価格に影響を及ぼす
市街地開発絡みなどリスクの低い物件を開拓
金利は何パーセントであれば許容範囲なのか
用地仕入れの専門家たちが今後の行方を激白
安価だから購入するという動機はとても危うい
それぞれのメリット、デメリットを把握しよう
ここ数年間の需要の先食い影響を指摘する声も
東京トップ70、神奈川などトップ100を一挙公開
なぜ「水回り」のわなが突然降りかかるのか
漏水事故でなぜか下りないはずの「保険」が下りる
トラブルは駐車場、ルーフバルコニーでも起きる
今さら聞けない「管理の質」を向上させるポイント
建物の「老朽化」と住民の「高齢化」に対応する
管理組合は物価上昇を計画にどう盛り込むべきか
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内