「子どものウソ」に悩む親に伝えたい意外な真実 嘘や汚い言葉は泥棒の始まりではなく成長の証

拡大
縮小

① 〈防御のうそ〉:叱られないためのうそです。1989年におこなわれた有名な研究では、隠しカメラとマジックミラーのある部屋で子どもを観察しました(本章では何度も同研究に言及します)。まず3歳の子を1人ずつ部屋に呼び、机に背を向けて座らせます。

そして、「これから机の上にプレゼントのおもちゃを置くけれど、見ないように」と伝え、調査員は部屋を出ます。子どもがのぞき見をしたら(ほとんどの子がした)、または5分経ったら調査員は部屋に戻り、「のぞき見をした?」と聞きます。

その結果、のぞき見をした子のうち38%が「見ていない」とうそをつきました。2002年におこなわれた同様の研究では、3歳児で54%、4~7歳児では4分の3以上の子がうそをつきました。小学校低学年くらいの子どもは、叱られたくない気持ちが強いのでしょう。

② 〈利己的なうそ〉:友達に「車を持ち上げられるくらい力持ちだ」「夕食にいつもクッキーを食べる」と言うなどのうそは〈背伸びのうそ〉とも呼ばれます。〈防御のうそ〉より少し高度なため、5歳以降に表れる場合が多いようです。

③ 〈白いうそ〉:儀礼的で利他的なうそです。研究によると、子どもの成長とともに〈利己的なうそ〉は減り、〈白いうそ〉は増えます。〈白いうそ〉には複雑な思考能力が必要です。思いやりをもって相手の気持ちを考え、自分の言動が相手の気持ちにどんな影響を及ぼすかを理解しなければなりません。

「クリスマスプレゼントがウールの靴下なんてイヤだ」と思っても、「それを口に出したらプレゼントをくれたおばさんが傷つくだろう」と理解する必要があるわけです。

仕方なくつくうそもある

汚い言葉同様、うそに関しても子どもは親の姿を見て学びます。親が〈白いうそ〉を促すケースさえあります。

『うちの子、このままで大丈夫?がスーッと消える 科学的に正しい子育ての新常識』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

以前こんなことがありました。休暇中、私たちは家族で屋内トランポリン場に行く計画を立てていました。ところが当日の朝起きると、娘が発熱していたのです。夫は息子に「2人で行こう」と誘い、娘が悲しまないように「用事があると言おう」と提案しました。

すると息子は驚いて、「パパ、それじゃうそになっちゃう!」と言いました。夫は気まずそうな様子でしたが、結局は娘にうそをついたようです(少なくとも大事な部分は伝えなかった)。子どもがかんしゃくを起こすのを防ぐために、仕方なくつくうそもあります。

(翻訳/塩田香菜)

メリンダ・ウェナー・モイヤー 科学ジャーナリスト

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

めりんだ・うぇなー・もいやー / Melinda Wenner Moyer

『サイエンティフィック・アメリカン』誌の寄稿編集者として表彰を受けており、『ニューヨーク・タイムズ』紙にも多数の記事を寄稿している科学ジャーナリスト。『スレート』誌コラムニスト。一男一女の母親でもある。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT