イケアで働く人は「加点主義」で伸びていく!

「ダメ出し」からは才能は生まれない

いろいろ考えたのですが、そのときに言われた「あなたを信じます」という言葉が心に響きました。だから、すぐに「やります!」と答えを出せた。こうした経験があるから、私も同じようにほかの人にもアプローチをするわけですよ。

加点で人を見て、それを積み重ねる

「talent」の見つけ方というのは、結局、「この人は何が強いのだろう」「何ができるのだろう」っていう“加点”ですよね。減点では絶対になくて、加点でつねに、日々見ていくことだと思います。

たとえば、失敗を責めるのではなく、建設的になること、失敗を恐れずに違うやり方にチャレンジしてみることが大事です。

イケアの創業者であるイングヴァル・カンプラードの言葉で、私たちのバイブルにも書いてある言葉に「人間が失敗しないのは、眠っている間だけです」というものがあります。つまり、失敗はどんどんしろ、と。失敗することでどんどん成長するし、それはプラスになること。

日本人は失敗を恐れると言われることがありますが、失敗しても命まで取らないから恐がらないで、というメッセージがそこにはあります。ただし、同じ失敗を2度繰り返すのは、それは本当の失敗だからいけない、というただし書きはつきますけどね。

話を戻しますが、「加点で人を見て、それを積み重ねる」という方針があるから、「あなたはこれが不得意だから、強化するために不得意なことをやりなさい」とは、あまり言われないのです。それよりも、得意なことに目を向けていきます。

私の場合だと、「しゃべるのが大好きだろうから、レイカがどんどん行け! もうレイカ中心でいいよ、君は得意なんだから!」って。そこまで言われると、実はそんなに得意じゃないかもしれないけれど、だんだんその気になるじゃないですか。

最初は小さな車しか運転できなかったけれど、そのうち「もうちょっと大きい車に乗ってみな」って言われて、最後は飛行機まで操縦している……。イケアは、そんな会社かもしれません。

それはやはり、失敗を恐れないでやるという精神が浸透していて、そのチャレンジを本気でサポートする気持ちがあるからだと思います。そういう土壌があると、本人もその気になる。だからできなかったかもしれないことができてしまう。それがイケアの強みだと思います。

そして、創業者が言ったことが1on1(1人対1人)で現在まで受け継がれていることも、この会社の不思議のひとつかもしれないですね。上のポジションにいた人が自分のtalentを見つけてくれたから、自分もマネジャーになったときはそうすると。

次ページ選ぶ権利は誰にでもある
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。