イケアで働く人は「加点主義」で伸びていく!

「ダメ出し」からは才能は生まれない

一見、突拍子もない話に思われそうなところ、そこで、CEOがさくっと「そう、じゃあやってみるか?」と言ってしまうのが、またイケアの面白いところ。CEOから「ここはこういうふうにしたらどうかな?」と相談されたときも、「ここは賛成だけどここは違う。だからやらない!」とか、上下関係があるから遠慮することはなく、はっきり意見を言います。

「お客様」が基準だからブレない

私も同僚からよく「それ違うと思います!」とか、「それは絶対無理です!」って言われます。すごくオープンですよ。このインタビューも、休憩中に広報担当の女性に「どうだった?」って聞いたら、「カタカナが多すぎです!」って言われたりね。たいへん失礼しました、気をつけます、って(笑)。

なぜ、上司に対しても自分の意見を言えるか。それは、判断基準が「お客様にとってどうか」ということで、はっきりしているからです。

私も、私を採用してくれた最初の上司から「お客様にとってプラスかマイナスかを考えろ」と、口を酸っぱくして言われました。判断に迷ったら、お客様にとってプラスかマイナスか、それを何よりも考えよと。

だからほとんどのミーティングも、情報を流す、共有するという内容ではなくて、ワークショップみたいなものなのです。何かひとつの疑問をぽーんと投げて、どう思う?みたいな。

最近あったミーティングだと、イケアの理念のひとつである「Everyone is seen as a talent(全員に才能がある)」の「talent」って何ぞや?を考える会もありましたね。ミーティングの最初の10分間で、「イケアの中で生きてきて、自分がどの瞬間にtalentとして認められ、認めてくれたのは誰だったか」というストーリーをみんなでシェアするのです。はたから見たら、会議というより怪奇でしょ(笑)。

たとえば私がその会で話したのは、HRマネジャーからストアマネジャーになったときの話。

あるとき上司に「新しい店舗のストアマネジャーをできる人いない?」と相談されて「この人は?」「この人は?」と人事として候補を出していたのです。そうするうち、「僕にはひとつ、アイデアがあるんだけど」「You can do that!(レイカにやってほしい!)」って言われたのです。「なぜ人事の私に?」って聞いたら、「あなたを信じられるから」って言うんですよ。

でも私は人事の担当。ソファの名前とよく売れるテーブルの名前ぐらいしか知らない私に、ストアマネジャーなんてできるわけがないと思いました。でも、「トレーニングの機会も作るし、君が人事だけじゃなくて、経営的なバックグラウンドを持っていることもわかっている。特に経営は人が大事だから、技術的なセールスといった部分は自分のチームにその分野に強い人を入れてくれればいいし。僕らが君をちゃんとサポートするから、考えてみて。いつでもいいから返事してね」って。で、翌朝、もう「考えた?」って聞かれるんですけどね(笑)。

次ページどうやって「タレント」を見つけるか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。