出世か左遷かサラリーマンが苦悩の先に見た希望 「会社にいずれ捨てられるなら」選んだ道が成功

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
『 まんがでわかる LIFE SHIFT2 』©アンドリュー・スコット/リンダ・グラットン/星井博文・岡田鯛/東洋経済新報社

いま、日本は100年に一度の大きな転換期を迎えています。子どもの数が減り、寿命が伸び、テクノロジーの進化で私たちの働き方が大きく変わろうとしている──この時代における「新しい生き方」のロードマップを示したのが、社会現象にもなった「ライフシフト」です。

まんがでわかる LIFE SHIFT 2(ライフ・シフト2): 100年時代の行動戦略
『まんがでわかる LIFE SHIFT2』
(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

「人生100年時代(多くの人が100歳まで生きることを想定した時代)」においては、私たちは想定よりももっと長いキャリア人生を歩むことになるかもしれません。だとするならば、そこには「強制された道」ではなく「ワクワクするような選択肢」があるはずです。その考え方の転換こそが「ライフシフト」なのです。

本稿では、『まんがでわかる LIFE SHIFT2』から一部を抜粋し、働き盛りのビジネスパーソンが歩む「1つのシナリオ」をご紹介します。

まんがの主人公「平野」は、働き盛り35歳のビジネスパーソン。第1話第2話では、大きな人生の転機をきっかけに人生を俯瞰して見ることの大切さを学びました。そんなある日、同僚から誘われた接待の席で……。

この記事の漫画を読む(27ページ)
アンドリュー・スコット ロンドン・ビジネス・スクール経済学教授

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

Andrew Scott

ロンドン・ビジネス・スクール経済学教授、スタンフォード大学ロンジェビティ(長寿)センター・コンサルティング・スカラー。ロンジェビティ・フォーラム共同設立者であり、英国予算責任局のアドバイザリーボードと英国内閣府の栄誉委員会メンバーも務める。邦訳された著書に『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』がある。

この著者の記事一覧はこちら
リンダ・グラットン ロンドン・ビジネス・スクール経営学教授

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

Lynda Gratton

ロンドン・ビジネス・スクール経営学教授。世界をリードする「働き方の未来」の専門家。全世界で最も権威ある経営思想家ランキングである「Thinkers50」では、トップ15にランクインしており、2018年には安倍晋三元首相から「人生100年時代構想会議」のメンバーに任命された。著作である『ワーク・シフト』『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』シリーズ(アンドリュー・スコットとの共著)は日本で大ベストセラーに。長寿社会におけるキャリア構築の考え方――「人生100年時代」というキーワードをつくり出した中心人物である。

この著者の記事一覧はこちら
星井 博文 漫画家・漫画原作者

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

ほしい ひろふみ / Hirofumi Hoshii

1977年大阪生まれ。2006年ヤングジャンプデビュー後、ビジネス誌、青年誌、歴史本など幅広く原作を担当する。著作には『まんがでわかる 地頭力を鍛える』『まんがでわかる LIFESHIFT』(ともに東洋経済新報社)、『まんがでわかる 伝え方が9割』『まんがでわかる 伝え方が9割[強いコトバ]』(ともにダイヤモンド社)など多数。

この著者の記事一覧はこちら
岡田 鯛 漫画家

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

おかだ たい / Tai Okada

漫画家。過去の作品に『ZeD』(大友克洋脚本)、『TEL ME TERUMI TELL ME~テルミ×テルミ×テルミ~』(佐木飛朗斗原作)、『警部銭形』(モンキー・パンチ原作)などがある。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT