トヨタ式「紙一枚」で問題を解決するスゴい技 「見せて伝える文化」がしっかり根付いている

拡大
縮小
トヨタには紙一枚で伝える文化が根づいています(本書より引用)
2年連続で販売台数が世界一の自動車メーカー・トヨタ。「カイゼン」「見える化」「『なぜ』を5回繰り返す」「紙1枚」など、さまざまな企業文化が知られていますが、すべては問題解決に向けて「考え抜く」ためにある、といいます。「紙1枚!」シリーズで知られるベストセラー著者・浅田すぐるさんが、トヨタの最大にして最強のスキルについて、自身の経験等もまじえながら執筆した最新刊『トヨタで学んだ「紙1枚!」で考え抜く技術』から、問題解決のポイントをご紹介します。

問題解決手法を言語化した「TBP」

私がトヨタに入った当時は、まず4月に1カ月間、座学での集合研修がありました。最初の1カ月は「Toyota Business Practice:TBP」に関する研修に時間が割かれていました。

TBPを素朴に直訳すると、「トヨタにおける仕事(=ビジネス)の実践、業務の進め方(=プラクティス)」という意味になると思います。要するに、「トヨタにおいて、働くとはこういうことです!」という定義が、明確に言語化されているのです。

トヨタにおける仕事の定義は、次の8つのSTEPで構成されています。「TBP8STEP」と言われていて、日本に限らず世界中の従業員がこれを学ぶのですが、この8つのSTEPは秘中の秘といった類のものではありません。書店に並ぶトヨタ関連本を紐解けば、だれでも学べる開かれた知見です。

ここでは、出版年が2019年と比較的新しい参考文献として、『ザ・トヨタウェイ サービス業のリーン改革』(ジェフリー・K・ライカー、カーリン・ロス 著/稲垣公夫、成沢俊子 訳/日経BP)に掲載されている文言を引用し、以降で活用していきます。

【TBP8STEP】
 STEP1:問題を明確に定義する
 STEP2:問題を分析し、分解する
 STEP3:改善の目標を設定する
 STEP4:真因を分析する
 STEP5:対策を立てる
 STEP6:対策を実行し、最後まで届ける
 STEP7:結果とプロセスの両方をよく見る
 STEP8:うまくいったプロセスを標準化する
次ページ社員自身が教える力を高める
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT