あのIBMが抱える「政策提言」部隊のすごみ

生き残る世界企業には“提言力”がある!

今、日本企業が世界で勝てない理由のひとつに、各国政府への働きかけ、つまり「ロビイング」不足があります。日本企業が今、身に付けるべきロビイングの技術とは何か。今回は、日本と米国それぞれの政府渉外に詳しい、IBMのデイビッド・バーンズさんにお話を伺います。

桑島:バーンズさんは日本のIBMで働いていたご経験もあり、企業が政府に働きかけをするときの、日米の違いをよくご存じです。米国では企業が自社に有利な政策を実行してくれるよう政府に働きかけることが当たり前に行われていて、これをパブリック・アフェアーズとかロビイングとか呼んでいます。

私は常々、日本企業も米国の企業のように、もっとグローバルに各国政府に働きかけて、自社の競争優位実現のために、自社に有利なルール作りを国内外でしていくべきだと思っています。日本ではいまだに官主導で産業政策を進める色合いが強いですが、特にITのような先端技術の分野では、民が先を行っている部分が多い。民間の声を生かして、新しい知識やトレンドを政策形成に反映することが、国際競争力を高めることにもなるはずです。

その点、米国政府は1990年代のクリントン政権時に、「ITに関する知識は民間のほうが進んでいる」と認めて、民間の声に耳を傾け、政策を作り込みました。それがIT革命が米国で花開くきっかけとなり、その後の米国の産業構造さえも変えてしまったと思います。

バーンズ:そのとおりです。クリントン政権はITビジネスがまったく未知の経済分野であり、政権側がIT産業に関して理解が深くないことを自覚していました。だから政府はわれわれをはじめとした業界の提言を積極的に取り入れた。それによって米国は、ITの分野で世界をリードすることができたのです。

桑島:その点、日本では通商産業省を中心に産業政策を策定し、経済を牽引していた時代から完全に抜け出していません。アベノミクスの根底にも、成長を実現するのは政府の役割だという暗黙の前提がある。しかし、すべて官に任せていればよかった古き良き時代は、もう復活しないでしょうね。

バーンズ:もはや政策が先端テクノロジーを擁するビジネスをリードできる時代は、とっくに終わっています。官主導でクリーンテックやクリーンエネルギー推進に力を入れましたが、現時点で大成功したとは言えないでしょう。

次ページ「オールジャパン」の寒い響き
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
鉄鋼不況の常態化は必至<br>迫られる国内リストラ

日本製鉄をはじめ、JFE、神戸製鋼所の鉄鋼3社は、強烈な不況に苦しんでいます。主力の鉄鋼事業の利益が急減し、逆風は一時的とは思えません。買収を含めた海外での拡大、国内拠点のリストラなど、生き残り策の深層をリポートします。