日本企業には「ロビイング力」が足りない!

勝つ企業は、自ら「市場のルール」を作っている

日本企業はなぜグローバルで勝てないのか?(写真:hashisatochan / Imasia)

リーマンショックの傷も癒え、アベノミクスの後ろ支えがあってもなお、かつてのような成長や輝きを取り戻せないといわれる日本企業。世界のマーケットにおいて、日本企業のプレゼンスは下がる一方と言われることもあります。その原因はいったい何でしょうか?

イノベーションが起きにくい組織、流動性の低い労働市場、グローバル化の遅れなど、さまざまな要因が指摘され、研究されています。しかし、私は別のところにも大きな原因があると思っています。

それは日本の「ロビイング不足」

ロビイングと聞いても、耳慣れない方が多いのではないかと思います。定義についてもさまざまあるようですので、ここでは私の解釈をお話したいと思います。

私は、ロビイングとは自社の経営戦略の実行のため、たとえば規制であったり、国際標準であったり、自社に有利な戦略環境を各国政府や国際機関に対し一足先に働きかけ、競合に先んじて実現させていく活動のことだと理解しています。人によっては、ルールメーキングと呼んだりもします。

海外で作られたルールに従って粛々と戦うのと、自らが作ったルールの上で敵を迎え撃つのとでは、どちらが有利かは明らかです。自社に有利なルールを作る活動により経営資源を投入し、もっと戦略的、かつグローバルに各国政府・国際機関に働きかけていく――。これこそが今の日本企業に足りないマインドだと思うのです。

なぜ米国は構造改革に成功できたのか?

私がそう感じ始めたのは、米国留学していたときのこと。当時、2007~2010年はちょうど金融危機が発生し、またオバマ大統領が就任した頃にあたります。米国社会が激動を迎え、金融主導の経済成長から、たとえばクリーンエネルギーの推進など、経済構造のさらなる転換を果たそうとしていました。

次ページ国を動かしてきた、米国企業
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。