スプリント、孫社長直轄で動き出す「逆襲策」

キャンパスを変える“山賊CEO”

トレードマークの時計台にはロイヤルズの旗が掲げられていた

成田空港からシカゴを経由し、カンザスシティ国際空港まで約15時間。そこからさらにクルマで40分。カンザス州・オーバーランドパークに、ソフトバンクが昨年7月に買収した米国通信大手、スプリントの本社がある。

ハーバード大学をモチーフに建設されたオフィスは、れんが造りの外観から「キャンパス」と呼ばれている。草原を切り開いて作った広大な敷地で、周囲には「prairie grass」というススキに似た草が群生しており、無数のバッタが飛び交う田舎地域だ。

「We Believe」の張り紙

役員の執務スペースでもロイヤルズを応援

記者が訪れたのは10月下旬。米大リーグのカンザスシティ・ロイヤルズが世界一を決めるワールドシリーズに出場したため、周辺は大盛り上がりだった。地元の人々はクルマにロイヤルズの旗をつけたり、ユニフォームTシャツやキャップを身に着けるなど、チームの快挙を大いに楽しんでいた。スプリントのキャンパス内も、エントランスから携帯ショップ、幹部のオフィススペースまで、至るところで「We Believe」の張り紙でロイヤルズを応援。キャンパスのトレードマークである時計台にも、ロイヤルズの旗が掲げられていた。

キャンパス内には19の建物があり、多くが4階建ての低層ビルだ。ここで働く社員は7500人。カンザス出身の社員が大半かと思いきや「全米の各州から集まっており、外国籍の社員も多い」(広報担当のパメラ氏)。ほとんどがクルマで30分圏内のエリアに住み、通勤している。そのため、各ビルには巨大な駐車場が隣接している。

次ページ充実のカフェテリア
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT