アメリカがこれから「バブル」になる可能性

どうしても今は利上げがイメージできない

イエレン議長(左)はいつ利上げを断行するのか(歴代のFRB議長、AP/アフロ)

まず、前週末の相場をおさらいしてみよう。前週末13日のNY市場では、ダウは46.97ドル高の1万8019.35ドル。一方、ナスダックは36.23ポイント高の4893.84ポイントで取引を終えた。

ようやく1万8000ドルを回復し、ダウは史上最高値まであとわずか20ドルほどとなった。一気に超えて引けなかったのは、3連休前(NY市場は16日はプレジデントデーでお休み)のご愛嬌か。

もうはまだなり~ありそうでない?「引き締め」

これからのマーケットは、欧州情勢や原油価格、国内マクロ経済の推移を織り込みながらの展開になるわけだが、やはり一番の注目点は、米国の金融引き締めがいつになるかということだ。

2月10日にリッチモンド連銀のラッカー総裁は、アメリカ経済のインフレ率が目標に向かって上昇していることを踏まえて、連邦準備制度理事会(FRB)は6月に利上げを開始すべきとの見解を示した。

またサンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁も、同様に利上げについて前向きな発言をし、10年国債の利回りが2%に戻ったり、ドルが買われたりしたことで、「6月の利上げ説」がかなり支持を集め始めた。マスコミ報道は6月7割、9月3割(他の可能性はゼロ)で決まり、と言った感じだ。

次ページマスコミ報道は6月利上げ説に傾いているが・・
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT