ピアニスト、指揮者、社長、反田恭平が開く新境地 「クラシック音楽をビジネスとして成功させる」

印刷
A
A

楽譜と真剣に向き合い、多くの文献を読み、ショパンについてとことん研究しました。そして、コンクールで何をどの順番で弾くか(プログラミング)、とても深く考えた。1~3次予選の各ラウンドで伝えたいのは何か、それをどう表現するか、僕自身の個性をどのように出していくか。

例えば3次予選では、これまでこのコンクールで誰も弾いたことのなかった「ラルゴ(聖歌):神よ、ポーランドをお守りください」から、有名な「英雄ポロネーズ」へという構成に挑戦し、とくに大きな反響をいただきました。

――演奏するに当たって戦略が必要なのですね。

プログラミングについては、最近出した自叙伝エッセイ『終止符のない人生』に詳しく書きました。要は、すべての選曲に意図と決意があります。

5年置きに開催されるコンクールでは、集まるコンテスタント(参加者)のタイプや審査の傾向が毎回かなり変わる。事前にどんなコンクールになるかはわからないので、演奏プランをいくつも用意しました。

反田恭平(そりた・きょうへい)/2015年日本コロムビアからCDデビュー、2016年のデビューリサイタル以降、定期的にリサイタルやオーケストラとの全国ツアーを行っている。現在、ポーランド・F.ショパン国立音楽大学研究科に在籍。指揮の勉強もオーストリア・ウィーンで始めている(撮影:梅谷秀司)(撮影協力:スタインウェイ&サンズ東京)

僕は表現の幅はあるほうなんです。かっちり系とか、自由にとか、メランコリックにとか。言い換えれば、ピアニストとしてそれができなければ駄目だとも思っています。

コンクールに出場すること自体がリスクだった

――ショパンコンクールに出場する以前から、日本で「最もチケットの取れないピアニスト」と言われていました。

ありがたいことに、日本で順調に仕事ができています。だからこそコンクールに出ることは、それ自体がリスクでした。

結果を出せなかったら、これまでファンでいてくださった人たちが離れていくかもしれない。それに、予選からすべての演奏がユーチューブで全世界に配信されました。自分のことを知ってもらう大きなチャンスである一方、失敗すればそれをもって「反田恭平」を判断されてしまうリスクもある。

ただ、ショパンコンクールには30歳という年齢制限があり、今回が僕にとっては最後の機会(出場時は27歳)。出なかったら一生、後悔すると思いました。何より、JNOの仲間の存在が出場を後押ししてくれた。JNOがオーケストラとして発展するためには、旗振り役の僕がもっと有名にならなければいけないと。

次ページ活動の幅を広げている理由とは?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT