「数学嫌い」が見抜けない「平均値」の落とし穴 統計数字でだまされないための「3つの基本」

印刷
A
A
一般のビジネスパーソンが陥りがちな「平均」の落とし穴について解説します(写真: Chalirmpoj Pimpisarn/iStock/Getty Images Plus)
ビジネスパーソンが効率的に仕事を進めるうえで、数学の知識が必要になるケースは私たちが想像する以上に多くあります。
その一方で、「数学的な思考ができずに損をしているビジネスパーソンがあまりにも多い」と語るのが、日本最大のビジネススクール、グロービスで前身も含めて25年以上教鞭を執ってきた嶋田毅氏です。
新著『ビジネスで使える数学の基本が1冊でざっくりわかる本』を上梓した嶋田氏が、一般のビジネスパーソンが陥りがちな「平均」の落とし穴について解説します。

多くの人は平均値を適切に使いこなすことができない

19世紀のイギリス首相ベンジャミン・ディズレーリは、「ウソには3種類ある。ウソ、まっかなウソ、そして統計だ」と言ったとされます。「統計」をウソに含めたのは筆者も納得感があります。事実、数学や統計を苦手とする人を、統計数字を用いてだますというやり口はあちこちで見かけます。

『ビジネスで使える数学の基本が1冊でざっくりわかる本』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

巧妙なものになると、数学をある程度勉強した人ですら気がつかないケースもあります。これは間違った意思決定につながりますし、だまされ続けていると自分の立場もどんどん悪いものになります。ただ、経営大学院に来ている学生ですら、説明されないと気がつかないワナは多々存在します。

今回は統計の中でも、最も基本となる平均の落とし穴について解説します。

さて、平均値の最もシンプルかつ代表的なものは、サンプルそれぞれの数値を足してサンプル数で割った単純平均です。たとえば3人姉妹がいて、それぞれの身長が166cm、162cm、173cmであれば、平均の身長は(166+162+173)÷3=167cmとなります。日本人女性としては高身長の姉妹と言えそうです。

次ページこの平均値が往々にして誤って計算されている
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT