悪口を言うのは「己の未熟さ」を認めたくないから 自分の足りなさを教えてくれる「先生」にすべき

印刷
A
A
人の悪口を言ったり、足を引っ張ったりする人の本質とは……(写真:Luce/PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

コロナも落ち着いてきたこともあり、出社が増えたり、友人知人と会う機会が増えたりしています。リモートワークを経験したから余計に気づくのか、それとも全体的なストレスなのかわかりませんが、人の悪口や足を引っ張るような発言をするなど、ねたみ・ひがみ系の言動が、以前よりも増えていると感じます。
よく聞くと、「ネット記事で読んだ誰だれが許せない」とか、くだらないことに腹を立てている人が増えていて、街中でもイライラしてる人が多いように感じます。SNSの誹謗中傷も増えているようですが、言っている本人の品格を棚に上げて批判だけしても、何も良いことはないと思うのですが。ご意見ちょうだいしたく、お願いします。
NW 会社員

自分よりも成功している人を見た場合に、その人の「現時点」だけではなく、「成功の背景」にある努力や工夫まで見られるかどうかは、非常に重要です。

他人に嫉妬したり、足を引っ張ったり、悪口を言ったりしたところで自身の人生のクオリティーが上がるわけでも、レベルが上がるわけでも、人としての評価や価値が上がるわけでもないということに気づけるか否かも、同様に重要です。

この連載の記事一覧はこちら

「嫉妬をするよりされる側になる」。その領域にたどり着けるかは自分自身にかかっているわけで、他人に関わっている場合ではないのです。少なくとも人生において、夢を諦めずにファイティングポーズを取っている限り、そのような行動には出ないはずです。

悪口を言うのは自分を守るため?

人は自身の将来を諦めたときに、他責の行動が始まります。それらの行為は、問題の本質は自分自身にあるにもかかわらず、自分を守るためです。そういった意味ではNWさんがおっしゃるとおり、生産性のない行動といえます。

とはいえ、この手のことは何も今に始まったことではなく、昔からあることなので、ある意味、人間の本性の一部なのでしょう。そもそも論としてなぜ人は他人の悪口を言ったり、嫉妬したりするのかというと、自分ができていないことを他人がやっていたり、できていたりするから、です。

次ページ実はうらやましさの裏返し?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT