沖縄で発足する新たな「野球・冬リーグ」の可能性 ジャパンウィンターリーグが選手の未来を拓く

印刷
A
A
沖縄で新しい野球のウィンターリーグが開催されます(筆者撮影)

6月14日、沖縄県那覇市のリゾートホテルで「ジャパンウィンターリーグ」設立の記者会見が行われた。

このリーグは11月25日から12月24日までの約1か月をかけて、6チーム最大120人の選手がリーグ戦を行うというものだ。選手たちは参加費を支払って参加し、沖縄県内の4つの球場での各22試合を戦う。

これは日本で初めて行われる本格的な野球のウィンターリーグだと言ってよい。

野球のオフシーズンに温暖な地に選手が集結し、期間限定のチームを編成してリーグ戦を戦うウィンターリーグは世界各地で行われている。

世界各地では本格的なウィンターリーグが行われている

もっとも大規模なものが12月から翌年1月にかけて、ドミニカ共和国、キューバ、ベネズエラ、メキシコ、パナマ、プエルトリコの6か国で行われる「カリビアンシリーズ」だ。MLBの後援で行われるこの大会は、6か国でリーグ戦を行い、その勝者がラテンアメリカの王座をかけて争う。現役のメジャーリーガーやFA選手も集結。多数の観客が集まる。

発足記者会見の様子(筆者撮影)

またスカウトも視察にやってきて、入団が決まることも多い。日本からはDeNA時代の筒香嘉智などが球団の許可を得て参加した。アメリカでは他にも様々なレベルのウィンターリーグが行われている。

アジアではコロナ禍前の2019年まで台湾プロ野球(CPBL)が主催して、「アジアウィンターリーグ」が行われていた。日本からはNPBが「イースタン」「ウェスタン」の2チームを編成、社会人野球(JABA)のチームも参加。台湾プロ野球(CPBL)、韓国プロ野球(KBO)も参加して台中、斗六などの球場で1か月にわたってリーグ戦が行われた。若手中心ではあったが、台湾では試合の模様が詳細に報道された。

オリックスの吉田正尚、ヤクルトの村上宗隆など、このリーグでの活躍がきっかけとなって翌年以降台頭したケースもあった。

またオーストラリアにはMLBが出資しているオーストラリアン・ベースボールリーグがあるが、これもウィンターリーグの一つだ。2023年11月には日本選手を主体としたチームの編成に動いている。

次ページこれまでのウィンターリーグとの違いとは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT