「なおエ」の大谷翔平、7月トレード移籍の現実味 にわかにMLB「7月商戦」の渦中の人になったワケ

✎ 1〜 ✎ 135 ✎ 136 ✎ 137 ✎ 最新
拡大
縮小
大谷翔平に移籍の可能性が高まってきました。7月1日ホームランを放つ大谷(写真:時事)

エンゼルスの大谷翔平の周辺がにわかにあわただしくなっている。MLBでは7月31日がトレード期限となっている。この日が近づくと、例年大きなトレードが決まることが多い。アメリカのメディアは「フラッグシップディール(大取引)」「ファイアーセール(たたき売り)」と書き立てるが、今年は大谷翔平が「目玉商品」になりそうだというのだ。

その背景にはエンゼルスの台所事情がある。

エンゼルスはチームの「顔」であり、MLB最強打者の評判も高い外野手マイク・トラウトと2019年に10年総額3.6億ドルの巨額契約を結んだ。円安の今の換算では年50億円もの年俸を2030年まで支払う計算だ。

その上で、2019年オフ、ワシントン・ナショナルズからナ・リーグの打点王、アンソニー・レンドンを獲得した。この時29歳、ここから全盛期と思われるレンドンと7年総額2.45億ドルで契約。今年の年俸はトラウトとほぼ同の50億円だが、来年から2026年までは毎年52億円を支払う計算になる。

レンドンは今季絶望に

しかしレンドンは移籍1年目の2020年こそまずまずの成績だったが、2021年は故障で58試合の出場にとどまり、今季も5月下旬に負傷者リスト入り。そして6月に右手首を手術、わずか45試合に出場しただけで今季絶望となった。

MLBでは大型契約をした選手が、故障がちになったり不振に陥ることはよくあるが、レンドンもエンゼルスの「不良資産」になりそうな様相である。

次ページ黄金期を迎えるはずだったが…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT