「就活で人生を諦めた」大卒27歳男性の生きる道 スーパーのアルバイトで得た社会との接点

印刷
A
A

悠さんは、子どものときから人との付き合いが苦手で、おとなしい性格だった。弟ともあまり仲がよくなく、1人でゲームばかりしていたという。

「小さいころ、友達はいましたか?」と聞くと、「友達、いたのかな? ときどき遊ぶ子はいたけど、友達だったのかな……」と考え込んでしまった。

不運なことに、小学校ではいじめにあった。

「嫌われても仕方がない人間だったから」

寄り添ってくれる先生もいなかったし、母親は「相談できる相手ではなかった」という。

「それはつらかったでしょうね」というと、「相談できる相手が見つけられなかった自分が悪いんです」という答えが返ってきた。

学校や修学旅行に行くのが「普通」だと思った

小学校時代は、ほぼ毎日塾通いをしていた。なんとなく、中学受験をするのが当たり前と思っていたので、塾が嫌だとは思わなかった。

第1志望の中学には受からずがっかりしたが、「自分の実力なら当然かなと思った」

中学に入り、小学校のときの友達と離れられたのはよかったが、勉強では一気につまづいてしまった。「どんどんわからなくなってしまって、軌道修正できなかった」という。

中高一貫校だったが、中学でも、高校でも、友達は1人もできなかった。休み時間は、次の授業の準備をしたり、机につっぷして寝ているふりをしてやり過ごした。昼ご飯も1人で食べた。

「自分のなかではそれが普通だと思っていたし、そのままやっていくしかないと思っていた」

驚くことに、それでも学校を1日も休まなかった。

「どうして? 学校に行くの嫌じゃなかったの?」と聞くと、こう答えた。「病気でもないのに、休むのはおかしいと思ったから」

修学旅行にも参加したという。友人のいない悠さんは自由時間にひとりぼっち。さぼろうとは思わなかったのだろうか。

「行くのが普通だと思ったから。行かないなら、明確な理由がないとダメだと思った」 

高校生になると、有名な国立大学を目指して家庭教師について勉強をした。

「小学校のころから、周りの子よりもたくさん勉強してきたというプライドがある。ある程度のレベルの大学じゃないといけない」。しかし一方で、自信はなかった。「自分は頭がいい人間じゃない」

次ページいつもボロクソ言われていたから
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT