新型ステップワゴンに見るホンダの福祉への姿勢 ノア&ヴォクシーやセレナと決定的に違う思想

印刷
A
A
新型ステップワゴン車いす仕様車は、テーゲート下部の形状が異なる(東洋経済オンライン編集部撮影)
新型ステップワゴン車いす仕様車は、テーゲート下部の形状が異なる(東洋経済オンライン編集部撮影)

このように車いす仕様車の仕様については、各メーカーの考え方や顧客層の違いなどで、装備にも違いがあるようだ。とくにステップワゴン車いす仕様車は、あくまでファミリー層を中心とした個人ユーザーがメインターゲットであることで、ノア&ヴォクシーやセレナとは異なる作り込みがなされているといえよう。

サイドリフトアップシート車について

サイドリフトアップシート車(東洋経済オンライン編集部撮影)
サイドリフトアップシート車(東洋経済オンライン編集部撮影)
シートにはステップも装着されている(東洋経済オンライン編集部撮影)
シートにはステップも装着されている(東洋経済オンライン編集部撮影)

最後に新型ステップワゴンに設定されたもうひとつの福祉車両、サイドリフトアップシート車についても少し触れておこう。ベース車は、これも先に紹介したとおり、パワーテールゲートが付いたスパーダで、スライドドアを開け、2列目の助手席側シートを電動で自動昇降させることで、乗降をサポートする仕様だ。

とくに車高が高いミニバンの場合は、車いすまでは普段使わなくても、足腰が弱った高齢者や障がいで足が不自由な人などが、2列目シートに乗る際にはかなり苦労する。サイドリフトアップシート車は、そうしたユーザー層の利便性を考慮していることが特徴だといえる。

電動シートの昇降を体験する筆者 (東洋経済オンライン編集部撮影)
電動シートの昇降を体験する筆者 (東洋経済オンライン編集部撮影)

今回の取材時、筆者も実際に電動シートの昇降を体験したが、かなりゆっくりとシートが動くため、高齢者などでもそれほど怖さなどは感じないだろう。シートにはステップも装備されているため、移動時の安定感も良好だ。また、シート自体のすわり心地も快適なので、車両の移動中もかなり楽であることが予想できる。なお、ラインナップは車いす仕様車と同様にガソリン車のみで、2WD(FF)と4WDを用意。価格(税込み)は339万6000円~363万6000円だ。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT