新型ノア/ヴォクシー「オラオラ路線」踏襲の是非

ハンズオフも搭載!満を持して4代目デビュー

上:ノア エアロモデル、左下:ノア 標準モデル、右下:ヴォクシー エアロモデル(写真:トヨタ自動車)
この記事の画像を見る(55枚)

1月7日にホンダが6代目「ステップワゴン」のデザインを発表してからわずか6日後の1月13日、トヨタが4代目となる新型「ノア」「ヴォクシー」を発表・発売した。

新型ステップワゴンが、デザインを公開したのみにとどまるのに対し、ノア/ヴォクシーは発表と同日に発売を開始。トヨタの周到ぶりが伺える。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

3代目の発売が2014年だから、ノア/ヴォクシーのフルモデルチェンジは実に8年ぶり。

途中のマイナーチェンジでデザイン変更を行ったことで新鮮さは失っていなかったが、満を持しての新型登場だといえよう。

販売チャネルはなくなっても

初代ノア/ヴォクシーの誕生は2001年。商用車とボディを共有する「タウンエースノア」「ライトエースノア」の後継モデルとして登場。ステップワゴンや日産「セレナ」とともに、“背高5ナンバーミニバン”というジャンルを確立し、ミニバンをファミリーカーの主役に据えた立役者である。

先代モデルの登場年である2014年には、ノア/ヴォクシー合算で約18万台が売れ、その後もコンスタントに年間10万台以上を販売してきた大ヒットモデルだ。

初代ヴォクシー エアロモデル(写真:トヨタ自動車)

ノアとヴォクシーは姉妹車で、もともと異なる販売チャネルで販売するためにデザインを変えたものであったが、2019年に販売チャネルが廃止され「全店全車取り扱い」になって以降は、すべてのトヨタディーラーでどちらも販売されるようになった。

だから、「次のフルモデルチェンジでは、ヴォクシーが廃止されるのでは」という噂も聞こえていたのだが、ヴォクシーというブランドネームや好評のデザインを捨てるわけにはいかなったのだろう。結果的に、それぞれの個性を強める形のデザインを採用して共存する道を歩むことになった。

なお、3代目のときに登場した上級志向の姉妹車「エスクァイア」は2021年末で生産を終了し、そのままモデル廃止となっている。

では、日本のミドルクラスミニバンの代名詞ともいえるノア/ヴォクシー、4代目はどこがどのように進化したのだろうか。一見するとそれほど変わらないように見えるが、その中身は大きく変化している。

驚くべきは、「MIRAI」やレクサス「LS」で、試験的に先行搭載された「アドバンスドドライブ(渋滞時支援)」が採用されたことである。これはハンズオフ(=手放し運転)を許容する、運転支援システムだ。

次ページついに全車3ナンバーボディへ
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT