ホンダ「6代目ステップワゴン」王者復権への狼煙

新旧比較と総括、苦戦するミニバン市場で再起

2022年1月7日のジャパンプレミアムで正式に発表された新型ステップワゴン(写真:本田技研工業)
この記事の画像を見る(119枚)

ホンダの5ナンバーミニバンである「ステップワゴン」が、2022年1月7日フルモデルチェンジを発表し、6代目に生まれ変わるが、発売は春ということである。前型は2015年に登場したので、7年を経てのフルモデルチェンジとなる。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ステップワゴンの競合となるトヨタ「ノア/ヴォクシー」や日産「セレナ」も、2015年前後にフルモデルチェンジを行っており、まさに真っ向勝負の戦いがその3車で続けられてきたことになる。

そうした状況のなか、前型ステップワゴンはやや苦戦気味だった印象がある。一般社団法人日本自動車販売協会連合会の統計による乗用車ブランド通称名別順位で、ステップワゴンは、ヴォクシーやセレナの後塵を拝してきた。モデルチェンジ時期に多少の前後があったとしても、ほぼ同様の期間で販売されてきたにもかかわらず、なぜ、ステップワゴンは苦戦してきたのか。

5ナンバーミニバンの歴史を作ったステップワゴン

1996年5月に投入された初代ステップワゴン(写真:本田技研工業)

改めてミニバンの興りを振り返れば、1990年代半ばに5ナンバーミニバンとして先陣を切ったのはステップワゴンだった。その圧倒的な人気によって、トヨタも日産も、それまでのキャブオーバー型ワンボックス車をミニバンに切り替えるまで後手を踏んだ。それがいつの間にか、販売動向が逆転したのである。

あまりに人気の高い車種は、その後のモデルチェンジで迷いを生じる場合が多い。既存の販売台数を維持しようとすれば、大きな変更をしにくくなる。一方で、外観のみならず使い勝手を含め、新たな価値を創造していかなければ、やがて飽きられ、苦戦を強いられることになりかねない。そのさじ加減が人気車種にとってモデルチェンジを難しくする。

では、前型ステップワゴンに課題があったとすれば、どこだったのだろう。

2015年4月に発売された先代にあたる5代目ステップワゴン(写真:本田技研工業)

前型ステップワゴンが発売されたとき、試乗して印象深かったのは、壮快な運転感覚をもたらしたことだ。端的にいえば、操縦安定性が高く運転の楽しい5ナンバーミニバンだった。家族のためのクルマと思われがちな実用性重視の5ナンバーミニバンで、これほど運転を楽しませることができるのかと驚いたほどだ。

次ページ先代ステップワゴンが低迷した理由
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT