ついに公開!6代目「ステップワゴン」の2つの顔

デザイン&コンセプト発表で見えたその全貌

1月7日にデザインが初公開された6代目「ステップワゴン SPADA」(写真:尾形文繁)
この記事の画像を見る(53枚)

ホンダは2022年1月7日、通算6代目となる新型「ステップ ワゴン」を発表。「AIR(エアー)」と「SPADA(スパーダ)」をオンラインで公開した。なお、今回はデザインやコンセプトの発表のみで、発売は2022年春が予定されている。

これまでとは異なるエアーとスパーダというグレード設定については、ホンダが行ったミニバン購入意向者に向けたスタイリングの嗜好性調査によるものだという。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

調査の結果、約7割の人が従来のスパーダような「高級」「スタイリッシュ」を求める一方で、約3割が「ナチュラル」なイメージを求めていることが明らかになったとし、従来通り廉価グレードにさまざまな機能やエアロパーツなどを足した上級グレードを設定するのではなく、価値観や世界観の違う2つのグレードを設定するに至ったと説明する。

この2つのグレードを設定することにより、ユーザーの選択肢の自由度の幅を広げる目論見だ。また、スパーダには派生グレードとして、「スパーダ プレミアムライン」も用意される。

ターゲットはミニバンネイティブ

ステップワゴンは、使う人の生活をより楽しく豊かに広げることを目指す「クリエイティブムーバー」シリーズとして、初代モデルが1996年5月に登場。当時のワンボックス型乗用車は商用車ベースで、運転席下部にエンジンを搭載するキャブオーバータイプが主流となっていた中で、FF(前輪駆動)レイアウトを採用していた。

このレイアウトによる床の低さ、シンプルな箱型スタイル、そして安価な価格設定などにより、累計約47万台を販売。一気に人気モデルとなり、ミニバンブームを牽引した。

スクエアなフォルムで人気を博した初代「ステップワゴン」(写真:尾形文繁)

そこから約26年の時を経て、今回発表されたのはその6代目モデルとなる。ホンダは、この新型ステップワゴンのターゲットユーザーを30~40代に設定。この年代層は、幼いころからミニバンに慣れ親しんで育ってきた“ミニバンネイティブ”だと説明する。

そして、このミニバンネイティブにとってのミニバンを、「あらゆる用途に使える、生活を豊かにできるアイテム」と仮定。グランドコンセプトを「#素敵な暮らし」とし、家族のためにしてあげたいことや自分のためにしたいことなど、さまざまな目的に応えることで、使う人に「素敵な暮らし」を提供できる存在を目指したという。

次ページAIRとSPADA、それぞれの追求
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT