爆売れ軽バンの実力!ホンダ「N-VAN」買ってみた

仕事やプライベート、趣味のバイク遊びを満喫

筆者が購入したN-VANは、+STYLE FUNのFFターボ車となる(筆者撮影)
この記事の画像を見る(47枚)

昨今は、軽自動車の商用バンをキャンプやアウトドアスポーツなど「遊びに使うクルマ」として所有する層も増えてきたという。かくいう筆者もその1人で、ホンダの「N-VAN(エヌバン)」を2021年8月末に購入した。主な目的は、取材先や撮影現場などへ行く仕事の移動手段と、650ccのバイクを載せて休日に趣味のサーキット走行を楽しむためのトランスポーターとして使うことだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

軽自動車に大きなバイクが乗るのだろうかとか、積載してちゃんと走るのかと思う人もいるだろう。一般的にバイクの積載には、トヨタ「ハイエース」など、より大型の商用バンを使うユーザーが多いことは確かである。軽商用バンよりも、荷室が圧倒的に広く、走りも余裕だ。だが、なかなかどうして、N-VANも軽自動車ながらトランスポーターとしてもかなり優秀。しかも、買い物など日常の足としても使いやすく、ソロキャンプなどアウトドアでも十分に楽しめる実力を秘めていることも実感している。

ここでは、そういったN-VANの「遊びクルマ」としてのポテンシャルや、数多くの軽商用バンの中から選んだ理由、走りの印象や改良を望む点など、筆者が所有してみて実感した「N-VAN評」を紹介する。軽商用バンをレジャーや普段使いなど、自家用車として所有してみたいと検討している方の参考になれば幸いだ。

ホンダ「N-VAN」ってどんなクルマ?

N-VANのリアビュー(筆者撮影)

まずは、簡単にN-VANについて紹介しよう。2018年7月に発売された同モデルは、ホンダの軽自動車でもっとも売れ筋の「N-BOX(エヌボックス)」を擁する「N」シリーズに属するバンタイプの軽自動車だ。N-BOXは、ご存じの方も多いと思うが、登録車も含む新車販売台数が2020年まで4年連続1位、軽自動車では6年連続でトップという、今や日本で一番売れているクルマである。ほかにも軽トールワゴンの「「N-WGN(エヌワゴン)」、走りも魅力の「N-ONE(エヌワン)」があり、N-VANはNシリーズ4番目のモデルとして登場した。

大きな特徴は、独自の「センタータンクレイアウト」による室内の低床化だ。NシリーズやSUVの「ヴェゼル」など、数多くのホンダ車に採用されているセンタータンクレイアウトは、通常、後席や荷室下にある燃料タンクを前席下へ配置するホンダの特許技術だ。室内の使える空間が格段に拡大することで、居住性や使い勝手などが向上する。

次ページN-VANの基本スペックや価格を確認する
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT