爆売れ軽バンの実力!ホンダ「N-VAN」買ってみた 仕事やプライベート、趣味のバイク遊びを満喫

印刷
A
A
自転車を積載した様子(筆者撮影)

こうしたバイク積載を前提としたN-VAN用フロアボードは市販品があまりなく、あっても2万円以上する。一方、DIYならベニア板代が2000円前後、缶スプレーも安いラッカー系であれば1本250円程度で、今回は2本使ったので合計約500円。ベニア板を自分でカットすれば、2500~3000円程度ですむ。なお、板をカットするために使う電動ノコギリなどの工具を持っていない場合、ホームセンターによっては、板を購入すればDIYコーナーで貸してくれるところや、数千円でカットしてくれるサービスを行っているところもある。

自作フロアボードは、ベニア板製なので耐久性はあまり見込めないが、3000円程度で作れるから、だめになればまた自作すればいい。こうしたDIY自作は普段あまりやらないが、やってみると意外に楽しいことも新たな発見だ。

今後は車中泊やDIYも楽しみたい!

以上が、N-VANを購入して約3カ月後のインプレッションだ。走りや燃費、積載性などについては、ほぼ期待どおりで、概ね満足している。ただ、バイクを積載した場合に、ほかの荷物があまり積めないこともわかった。そこで、今後はルーフキャリアの装着を考えている。雨天時などに濡れてもいい荷物はルーフ上に積めば、積載性はさらに広がるし、スタイル的にも、よりアウトドア的テイストを加味できる。

助手席まで倒せば、十分大人ひとりが寝られるスペースも確保できる(筆者撮影)

あとは、バイク以外にも、キャンプなどでの車中泊にもトライしてみたい。最近は、1人キャンプ、いわゆるソロキャンプで軽自動車を使うユーザーも多い。筆者も数十年前にはよくキャンプに行ったが、最近の流行ぶりを見ていると、ついつい自分もまたやりたくなる。

車中泊をする場合、N-VANの純正オプションには、ラゲッジや左後席をダイブダウンさせた部分に設置し、フラットなスペースを作れるマルチボードも用意されている。このボードは、表面がフロアから約21.5cm底上げされており、ボード下に荷物を積載できる、いわばベッドキットのようなものだ。ただし、価格(税込)はラゲッジ用7万950円、リア用(助手席側)3万1900円と、合計すると10万円を超える。ちょっとした出費であることを考えると、これもフロアボードのように自作するのも手だ。自分好みの仕様に安価でできるDIYは、ちょっとクセになりそうな気がする。ともあれ、夢がいろいろと広がるという意味でも、N-VANはいい買い物だったことは間違いない(ローンは残っているが)。

この記事の画像を見る(47枚)
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT