新型ノア/ヴォクシー「オラオラ路線」踏襲の是非

ハンズオフも搭載!満を持して4代目デビュー

パワートレインは、従来どおりガソリンエンジンと、ガソリンエンジン+電気モーターのハイブリッドの2種類。

ガソリンモデルは、新たに2.0Lダイナミックフォースエンジン(M20A-FKS)+Direct Shift-CVTの組み合わせに。「RAV4」や「ハリアー」に採用されているパワートレインだ。CVTには、10速シーケンシャルシフトマチックを採用。WLTCモード燃費は、15.1km/Lとなる。また、ダイナミックトルクコントロール4WDも選択できる。

ハイブリッドパワートレイン(写真:トヨタ自動車)

1.8Lガソリンエンジン+電気モーターとなるハイブリッドは、すべての電動モジュールを刷新。モーター/バッテリーの高出力化とシステムの高効率化を図り、「ミニバンにおいても心地よい加速と優れた燃費性能を高次元で両立」と説明される。WLTCモード燃費は、23.4km/Lだ。こちらの4WDシステムは、モーター出力を向上させたE-Four(電気式4WD)となる。

MIRAIとレクサスLSに続いての装備

先進安全支援システム「トヨタセーフティセンス」も、もちろん進化している。

プリクラッシュセーフティ(緊急自動ブレーキ)は検知範囲や検知対象を拡大。交差点で交差する車両、自動二輪車も検知するようになったほか、低速時に自車直前の歩行者や自転車運転者、車両を検知して加速を抑制する“低速時加速抑制機能”を追加。さらに、緊急時にドライバーのステアリング操作をきっかけに操舵をアシストする“緊急時操舵支援機能”も搭載された。

緊急時操舵支援機能作動イメージ(写真:トヨタ自動車)

「歩行者の横断」「飛び出してくるかもしれない」といった、運転の状況に応じたリスクの先読みを行い、歩行者や自転車、駐車車両に近づきすぎないようステアリング/ブレーキ操作をサポートする「プロアクティブドライビングアシスト」は、トヨタ車初搭載だ。

高度運転支援技術「トヨタチームメイト」に、新機能「アドバンストドライブ(渋滞時支援)」と「アドバンストパーク(リモート機能付)」が設定されたことは、新型ノア/ヴォクシーのサプライズであった。

アドバンストドライブは、MIRAIとレクサスLSで先に搭載されていた機能で、自動車専用道路で渋滞時(0km/h~約40km/h)レーダークルーズコントロール及びレーントレーシングアシストの作動中、一定の条件を満たしたときにハンズオフ(=手放し運転)を可能とするものだ。

次ページスマホでリモート駐車機能も!
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT