新型ステップワゴンに見るホンダの福祉への姿勢 ノア&ヴォクシーやセレナと決定的に違う思想

印刷
A
A

ラインナップには、ステップワゴンがガソリン車のみなのに対し、ノア&ヴォクシーでは2.0L・4気筒ガソリン車に加え、助手席側2列目に車いすが乗車できる「タイプⅠ」の1名乗車仕様に1.8Lハイブリッド車も設定。ハイブリッド車は2WD(FF)のみ、ガソリン車は2WD(FF)と4WDを用意する。価格(税込み)は283万2000円~360万9000円だ。

日産セレナのハイウェイスター チェアキャブ スロープタイプ 車いす1名セカンド仕様(写真:日産自動車)
日産セレナのハイウェイスター チェアキャブ スロープタイプ 車いす1名セカンド仕様(写真:日産自動車)

一方のセレナは、「チェアキャブスロープタイプ」が車いす仕様車となる。車いすの乗車パターンはステップワゴンとほぼ同じだが、助手席の背もたれ裏側や左スライドドア乗降口の後側などに手すりが付いた「車いす1名送迎仕様」も用意する。また、3列目に車いすを乗せられる「車いす1名サード仕様」には、エンジンで発電しモーターで走行するシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」搭載車も設定する。なお、ほかの仕様は、発進加速時などにモーターがエンジンをアシストする2.0Lガソリンの「スマートシンプルハイブリッド」車で、駆動方式は全車2WD(FF)のみ。価格(税込み)は302万5000円~404万2000円だ。

新型ステップワゴン車いす試乗車でスロープを折りたたんだ状態(東洋経済オンライン編集部撮影)
新型ステップワゴン車いす試乗車でスロープを折りたたんだ状態(東洋経済オンライン編集部撮影)

こうしたバリエーションの違いは、前述のとおり、ステップワゴンの場合は個人ユーザーが主なのに対し、トヨタや日産では、医療機関や介護施設など法人の顧客も多いためで、より多様なニーズに対応しているためだ。なお、ノア&ヴォクシー、セレナともに、スロープはリアゲート後方に設置された折りたたみ式で、コンパクトに収納でき、手軽に引き出せる点はステップワゴンと同様だ。

メーカーによって異なる足まわり

ステップワゴンとノア&ヴォクシー、セレナの車いす仕様車では、ほかにもスロープ展開時の足まわり装備にも違いがある。ノア&ヴォクシーはエアサスペンション、セレナは油圧式サスペンションを、いずれもリア側に搭載し、車高調整を可能とする。これは、車いす乗降時に車体後部の車高を下げることで、スロープの角度をできるだけ緩やかにする配慮だ。スロープの角度があまり急だと、乗降時に車いす利用者が天を仰ぐような姿勢となり、恐怖心を抱きやすい。

次ページファミリーユースを前提にしたホンダの福祉車両開発
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT