セレナの5%しか売れないエルグランドの憂愁

日産が抱える「ブランドイメージの低価格化」

2020年10月にマイナーチェンジを行った「エルグランド AUTECH」(写真:日産自動車)

最近はSUVの売れ行きが好調だが、ミニバンの人気も根強く、国内で新車として売られる小型/普通乗用車の約25%を占める。

トヨタ「ウィッシュ」やホンダ「ストリーム」といった背の低いミニバンの人気低下とモデル廃止にともなって、約30%を占めていた2000年頃と比べるとミニバンの販売比率は下がったが、それでも依然として売れ筋のカテゴリーだ。

そのため、ミニバンは国産車販売ランキングの上位にも多く入る。2020年に国内で最も多く売られたミニバンは、トヨタ「アルファード」だった。2020年5月から、トヨタの全店が全車を売るようになり、姉妹車の「ヴェルファイア」が減ってアルファードが増えたためだ。

セレナは月間5700台、エルグランドは300台

アルファードはLサイズのミニバンだから、売れ筋価格帯は400~550万円に達するが、2020年の平均月間登録台数は、7600台にものぼる。ヴェルファイアは1500台だから、約5倍の差が生じた。

ミニバンの第2位はコンパクトなホンダ「フリード」で、月間平均登録台数はおよそ6400台だった。3位はフリードのライバルとなるトヨタ「シエンタ」で6100台。4位はミドルサイズのトヨタ「ヴォクシー」で5800台、6位は同じくミドルサイズの日産「セレナ」で5700台だ。

現行「セレナ」は2016年に登場。2018年にe-POWERを追加している(写真:日産自動車)

2020年には国内で販売された小型/普通車の51%をトヨタが占めたから(レクサスを含む)、ミニバンの販売ランキングでも、上位には複数のトヨタ車が並ぶ。

その一方で、販売の上位に入る車種が少ないのは日産だ。

セレナは、前述の通りミニバンランキングの5位だったが、同社のLサイズミニバンである「エルグランド」は月間平均登録台数およそ300台と非常に少ない。セレナが月平均5700台だから、エルグランドはそのわずか5%しか売れていないことになる。

ちなみにエルグランドは、初代モデルを1997年に投入して、背の高いLサイズミニバンとして最初のヒット商品になった。1998年には1カ月平均で4700台を登録して、現在の16倍も売れていた。この後に売れ行きが激減した背景には、複数の理由がある。

次ページなぜ、エルグランドは売れなくなったのか?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT