有料会員限定

鉄道系「老舗ホテル」が外資に次々売却される必然 インバウンドの回復をにらみ「買収合戦」が加速

印刷
A
A

鉄道会社が保有する”虎の子”ホテルが相次いで放出されている。受け皿となっている外資系ファンドの間では、案件獲得競争が急加熱する。

京都駅前の一等地に立つ「都ホテル 京都八条」を含む8物件をアメリカの投資ファンドのブラックストーンが推定約600億円で取得した(写真:時事、近鉄グループホールディングス)

特集「不動産争奪戦」の他の記事を読む

「日本のホテルは海外投資家から人気だ」。都内で海外投資家向けに不動産取引のアドバイザリー業務を行うポスト・リンテルの許斐茜取締役はこう話す。「訪日外国人の流入が復活すれば、ホテル需要は戻る。回復が見込める資産に投資しない手はない」。

同社は2022年3月、新宿区内のビジネスホテルの売買を支援した。売り手は国内のデベロッパー、買い手は香港のファミリーオフィス(富裕層の資産管理会社)だ。

「みんなホテルを物色している」

「みんなホテルを物色している。今から行列に並んでも、買えないかもしれない」。コロナ禍当初の2020年春、不動産ファンドのある幹部からこのような発言が飛び出した。コロナ禍が収束し、人流の制限が緩和され往来が復活すれば、ホテルの稼働は元に戻る──。そう確信した投資家たちが、一斉にホテルを買いに走った。

2021年11月には、香港のファンド、ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア(BPEA)が、東京建物から大阪市内のホテルを取得した。客室数300超の大型ホテルだが、取得当時は休館中。BPEAは運営会社を変更し、2021年12月に営業を再開させた。やはり、コロナ収束後の訪日外国人の復活を見込んだ動きだ。

あまたあるホテル取引の中でも、とくに耳目を集めたのは鉄道会社の保有物件をめぐる大型取引だ。近鉄グループホールディングス(GHD)、西武ホールディングス(HD)、そして小田急電鉄。いずれも保有ホテルの売却に踏み切り、買い手は軒並み外資系だ。

次ページコロナで消失した「安定収入」
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
不動産争奪戦
海外ファンドが日本の不動産に「強気」になる理由
JTB、エイベックスの本社ビルを相次いで取得
ミネベアミツミ「異次元価格」で大型ビル取得の訳
一般企業が不動産会社に競り勝つケースも
海外ファンドが明かす「日本のホテル」の再生余地
近鉄グループ保有の8つのホテルを譲り受け
海外ファンドが見出す「日本の不動産」特別な魅力
「低成長、低インフレはまったく気にならない」
池袋店と渋谷店が握る「そごう・西武のお値段」
建て替えの青写真と従業員の処遇がカギ
投資家が物流の次に病院不動産を狙う納得理由
老朽化で建て替え需要、医療法人の意識変化も
超高層ビル「大手町プレイス」異例ずくめ売却劇
投資家への「身体検査」に透けて見えるジレンマ
KKR、Jリート運用会社を「2300億円」で買収の衝撃
単なる「日本の不動産買い」とは異なる意図
「かぼちゃの馬車」再生狙う米投資ファンドの勝算
1200物件取得、シェアハウスの意外な投資価値
相続税対策の常識崩す、最高裁「路線価」ノー判決
どこからが節税の「やりすぎ」にあたるのか
10億円超も続々登場、「ニセコ別荘バブル」の狂騒
観光客は激減も開発目白押し、町は抑制に苦慮
「半分空室」のミッドタウン八重洲、三井不に試練
ビル同士での「テナント引き抜き合戦」が過熱
KKR責任者に直撃、Jリート会社「巨額買収」の本心
目指すは「国内、アジア最大規模の運用会社」
住友不動産が「オフィス空室」に一喜一憂しない訳
「売却しない」独自の成長哲学を副社長に聞く
ハイリスク&ハイリターンから安定志向まで
日本の不動産で「一獲千金」外資ファンドの万策
海外の年金基金や大学基金も日本に熱視線送る
インバウンドの回復をにらみ「買収合戦」が加速
事業会社が長年抱える「一等地」に狙いを定める
西のフロンティアに群がる国内デベロッパー
用地不足などの環境を逆手に取る手法が拡大か
都心最後のフロンティアで大型ビルが次々竣工
機関投資家や入居企業の環境意識が後押しに
香港ファンドが「日本の不動産」を買いあさる思惑
「2年をかけて35億~40億ドルを投資したい」
市場の裾野は広がるが、開発手腕も問われる
コロナ禍の影響が本格化してからどう動いた?
借金の重さ示す「負債資本倍率」で明暗くっきり
稼ぐ力を「会社四季報」の最新データで算出
金融庁の厳罰が示す「リート」成長の曲がり角
不動産鑑定評価額が実勢価格に追いつかない
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内