外環道工事がまたもストップ、「5重ミス」の唖然 背景に工事の遅れに対する「焦り」があった

✎ 1〜 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 10
拡大
縮小

2020年10月に調布市で起きた陥没事故に続き、外環道の工事で前代未聞の事故が発生した。ミスにミスが重なるお粗末な実態が判明しつつある。

外環道工事の大泉側トンネル(南行)の区間でシールドマシンが損傷する事故が発生。外環道は再び工事停止に見舞われた。写真は現場付近(記者撮影)

特集「日本のインフラ 大問題」の他の記事を読む

「こんな事故、聞いたことがない」

ゼネコン関係者が一様に首をひねる、前代未聞のトンネル工事の事故が起きた。

国土交通省と東日本高速道路(NEXCO東日本)は4月、東京外かく環状道路(外環道)工事の「大泉ジャンクション(JCT)~東名JCT」区間におけるトンネル工事で、シールドマシンの損傷により工事が停止したことを発表した。

外環道の工事をめぐっては、2020年10月に調布市で掘り進めていたトンネルの地表で陥没事故が発生し、工事がストップしていた。外環道は2022年2月から工事が再開されたものの、大泉側本線トンネル(南行)の区間で今回事故が起きたことで、わずか2カ月で工事がまたもやストップする異例の事態となった。

工事再開は早くても9月以降に

大泉JCT~東名JCT間は、東京都の西側エリアを南北に走る16.2キロの高規格幹線道路で、大深度地下使用法の適用を受け、地下40メートルよりも深い位置にトンネルを設置する。今回事故が起きたのは、大泉ランプと本線トンネルが合流する区間だった。

大泉側トンネル(南行)区間の事業用地。この地下でシールド事故が起きた。クレーンは北行のトンネル工事を施工するゼネコンJVのもの(記者撮影)

スーパーゼネコンの清水建設を中心とするJV(共同事業体)が工事を請け負っていたが、掘進していたシールドマシンの前面のカッターが鋼材に接触し、カッタービット(刃)や土を攪拌(かくはん、かき混ぜること)する部品が損傷した。シールドマシンの補修に6カ月かかるため、工事再開は早くても2022年9月以降となる。

国交省によると、地下での止水を目的とする地中壁の位置が、設計上の正しいトンネルの中心部よりも下方に約90センチ、水平方向に約10センチ、それぞれずれていたために事故が起きたという。シールドマシンは本来、柔らかい硬質ウレタン製の地中壁を貫通させなければならなかったが、中心部がずれていたため、周囲に設置されていた鉄筋で補強されたコンクリートに接触してしまったという。

次ページ図面上の誤りだけでは説明がつかない
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内