有料会員限定

エイベックスビル売却、裏にあった幻の「プランB」 日本の不動産で「一獲千金」外資ファンドの万策

印刷
A
A

不動産ファンドの神髄である華麗な転売劇。目の前の不動産をどう料理すれば最大の利益を生めるか。その知恵比べの最前線を追った。

エイベックス「元」本社ビル。写真に写るエイベックスのロゴは今は外されている(写真:記者撮影)

特集「不動産争奪戦」の他の記事を読む

不動産ファンドの中にも投資目的の違いによって4つの類型がある(詳細は6月20日配信記事:不動産ファンドの稼ぎ方、「定番4類型」で読み解く)。コア型やコアプラス型は、賃料を享受するべく中長期で不動産を保有するシンプルな投資手法を採る。

反対に、短期間で一獲千金を狙うのがオポチュニスティック(オポ)型やバリューアッド型だ。不動産の潜在価値を引き出し、あの手この手で収益機会を探るこれら2類型の存在感が増している。

東京都港区の青山通り沿いに屹立する18階建ての真新しいビルは、エンタメ大手エイベックスの「元」本社ビルだ(上写真)。エイベックスは2021年3月にビルをカナダの不動産ファンド、ベントール・グリーンオークに約720億円で売却。2022年3月に麻布十番にある別のビルに移転した。

エイベックスと入れ替わる形で人材大手のパソナグループが今年夏をメドに1棟借りする予定だ。

「賃貸効率が悪すぎる」

ビルの売却が検討されたのは2020年夏。当時すでにエイベックスは退去する方針を固めていたが、後継テナントはまったくの未定だった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
不動産争奪戦
海外ファンドが日本の不動産に「強気」になる理由
JTB、エイベックスの本社ビルを相次いで取得
ミネベアミツミ「異次元価格」で大型ビル取得の訳
一般企業が不動産会社に競り勝つケースも
海外ファンドが明かす「日本のホテル」の再生余地
近鉄グループ保有の8つのホテルを譲り受け
海外ファンドが見出す「日本の不動産」特別な魅力
「低成長、低インフレはまったく気にならない」
池袋店と渋谷店が握る「そごう・西武のお値段」
建て替えの青写真と従業員の処遇がカギ
投資家が物流の次に病院不動産を狙う納得理由
老朽化で建て替え需要、医療法人の意識変化も
超高層ビル「大手町プレイス」異例ずくめ売却劇
投資家への「身体検査」に透けて見えるジレンマ
KKR、Jリート運用会社を「2300億円」で買収の衝撃
単なる「日本の不動産買い」とは異なる意図
「かぼちゃの馬車」再生狙う米投資ファンドの勝算
1200物件取得、シェアハウスの意外な投資価値
相続税対策の常識崩す、最高裁「路線価」ノー判決
どこからが節税の「やりすぎ」にあたるのか
10億円超も続々登場、「ニセコ別荘バブル」の狂騒
観光客は激減も開発目白押し、町は抑制に苦慮
「半分空室」のミッドタウン八重洲、三井不に試練
ビル同士での「テナント引き抜き合戦」が過熱
KKR責任者に直撃、Jリート会社「巨額買収」の本心
目指すは「国内、アジア最大規模の運用会社」
住友不動産が「オフィス空室」に一喜一憂しない訳
「売却しない」独自の成長哲学を副社長に聞く
ハイリスク&ハイリターンから安定志向まで
日本の不動産で「一獲千金」外資ファンドの万策
海外の年金基金や大学基金も日本に熱視線送る
インバウンドの回復をにらみ「買収合戦」が加速
不動産を「会社ごと買われた」昭和飛行機の末路
事業会社が長年抱える「一等地」に狙いを定める
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内