1部屋15平米、三井不「極狭ワンルーム」意外な狙い 「狙い打ち規制」を巧みにくぐり抜けた秘密

印刷
A
A

総戸数96戸の面積は各15~18平方メートル。あえて極狭のワンルームマンションを開発した背景には、したたかな投資戦略も垣間見える。

モデルルームとして公開している部屋。約5畳のリビングはベッドと机、いすを置くだけでいっぱいだ(記者撮影)

特集「マンション大変貌」の他の記事を読む

2022年3月下旬、三井不動産レジデンシャルが東京都墨田区で完成させた賃貸マンション「パークアクシス錦糸町スタイルズ」。外観こそ何の変哲もない物件だが、中に入ると印象はがらりと変わる。

総戸数96戸の面積は各15~18平方メートルで、25平方メートルが一般的な都内のワンルームマンションと比べて一回り以上小さい。

あえて狭い住宅を開発した背景には、変化する生活スタイルへの対応に加えて、三井不レジのしたたかな投資戦略が垣間見える。

台所や洗濯機を「共用部」へ

リビングが約5畳、室内の設備は浴室やトイレ、クローゼットのみという構成は、まさに「ミニマリズム」を体現したような住宅だ。キッチンや洗濯機置き場が設置されておらず、ビジネスホテルの一室のような印象さえ受ける。

代わりに充実させたのが、マンション1階の共用ダイニングルームだ。契約業者が希望する入居者向けに朝晩の食事を提供するほか、併設されたシェアキッチンを利用した自炊が可能だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内