新型ステップワゴン、HVとガソリン車の確かな差 静寂性を優先するか、キビキビとした走りか

印刷
A
A
スパーダのインパネまわり(筆者撮影)
スパーダのインパネまわり(筆者撮影)

ほかにもスパーダやプレミアムラインに装備されている本革巻きステアリングは、握りやすく、手にしっくりくる感じで好印象だった。また、滑りにくいため、ステアリング操作がしやすいといったメリットもある。エアーには設定がない装備だが、オプションなどで、ぜひ追加してもらいたいと感じた。

新型車ながら比較的納期が短いことも見逃せない

以上のように、新型ステップワゴンは、ハイブリッドのe:HEV車とガソリン車で乗り味に若干の違いが感じられた。家族を乗せて、室内で楽しく会話したり、ゆったりと走ったりしたいのであればe:HEV車のほうがいいだろう。一方、運転が好きなユーザーなら断然ガソリン車だ。例えば、家族とのドライブ以外に、ワインディングなどに1人で行き、走りを楽しむといったときに、内燃機関らしい高揚感を満喫できる。もちろん、スポーツカーほどではないが、家族のことを考慮してミニバンを選ぶといった場合でも、意外なほどスポーティな走りも味わえる。

なお、取材した2022年6月上旬の時点で、ステップワゴンの納期はe:HEV車で5カ月待ち、ガソリン車では4カ月待ちとのことだ。半導体不足や上海のロックダウンなどの影響で、各メーカーの新車生産に遅れが出ている中では、早いほうだといえる。こうした納期に対するホンダの頑張りが、トヨタの「ノア」「ヴォクシー」、日産の「セレナ」など強敵が存在し、熾烈な戦いとなっているミドルサイズミニバン市場で、新型の売れ行きにどう影響するのかも気になるところだ。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT