新型ステップワゴン、HVとガソリン車の確かな差 静寂性を優先するか、キビキビとした走りか

印刷
A
A
電子制御パーキングブレーキ/オートブレーキホールド機能(写真:本田技研工業)
電子制御パーキングブレーキ/オートブレーキホールド機能(写真:本田技研工業)

ちなみに新型ステップワゴンでは、e:HEV車、ガソリン車の両方に「電動パーキングブレーキ」を装備しており、アクセルを踏むと自動的にパーキングブレーキが解除される。ワイヤーを使った一般的な機械式と比べ、解除を忘れてもパーキングブレーキを引きずったまま走行することがないのはいい。また、信号待ちなどの停車中に、ブレーキペダルを踏み続けなくても停車状態を維持する「オートブレーキホールド」も装備しており、渋滞時の疲労軽減に貢献している。

プレミアムラインe:HEVのインプレッション

試乗したプレミアムラインe:HEV(筆者撮影)
試乗したプレミアムラインe:HEV(筆者撮影)

今回は、エアーのほかに、プレミアムラインのe:HEV車にも短時間だが試乗した。シートにスエード調表皮とプライムスムース(合皮)を組み合わせた内装は、カジュアルなエアーと対象的に高級感はかなり高い。このあたりは、好みがわかれるところだろう。

減速セレクター(筆者撮影)
減速セレクター(筆者撮影)

走行関連の装備でエアーe:HEVとの違いは、プレミアムラインやスパーダのe:HEV車には、減速度を4段階で調整できる「減速セレクター」を装備していることだ。操作はハンドル橫の左右に装備されたパドル式レバーで行い、左側がダウン、右側がアップとなる。減速度を高めるBレンジ作動時に使うことで、下り坂の勾配具合など状況に合わせた減速度の設定が可能で、ブレーキペダルを頻繁に操作せずにすみ、疲労度軽減に貢献する。

マルチビューカメラシステムの表示画面(写真:本田技研工業)
マルチビューカメラシステムの表示画面(写真:本田技研工業)

また、プレミアムラインには、「マルチビューカメラシステム」も標準装備されている(エアーとスパーダはオプション)。駐車時にクルマをまるで上方から見たような映像などをナビ画面に映し出すことができる機能だ。ほかにもクルマの前後や斜め前後の障害物を検知すると音と表示で知らせる「パーキングセンサーシステム」(全車に標準装備)もあり、いずれも駐車を支援してくれる便利な機能だ。新型ステップワゴンは、スクエアな車体により、周囲はかなり確認しやすいほうだが、それでも狭い駐車場での操作が苦手なドライバーには重宝する機能といえるだろう。

スパーダ ガソリン車の乗り味は?

試乗したスパーダのガソリン車(筆者撮影)
試乗したスパーダのガソリン車(筆者撮影)

一方、ガソリン車では、スパーダに試乗した。パワートレインは、1.5L・4気筒ターボで、2WD(FF)と4WDを設定するが、今回は先述のように2WD車に乗ってみた。

レバー式シフト(筆者撮影)
レバー式シフト(筆者撮影)

スターターボタンを押しエンジンを始動し、ガソリン車に設定されている一般的なレバー式シフトを「D(ドライブ)レンジ」に入れスタートする。低速域から発生する豊かなトルク特性により、スムーズな加速で発進時のストレスはほぼない。エンジン音はそれなりに静かだが、市街地のほとんどの領域でモーター走行するe:HEV車ほどの静粛性はない。室内の静かさという点では、若干ながらe:HEV車に軍配が上がる。

次ページキビキビとした走りに魅力を感じたガソリン車
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT