なぜ日本では「産後離婚」が多いのか?

フジテレビ「残念な夫。」に見る、危ない夫婦

夫にとって子どもとは「外的要因のひとつ」?

――なるほど、スタートラインで差がつくと、負けているほうはやる気を失いますものね。それでますます差が開く、というのもあるかもしれません。ほかにも、夫と妻の感覚の違いってありますか?

母親にとって子どもは自分の身体から生まれているので、一心同体というか、とにかく「子どもありき」という考え方になると思うのです。

一方、男は自分がお腹を痛めて産んだわけではないので、子どもが生まれるというのは「新たな外的要因が増えた」という感覚なんだと思うのです。極端に言うと「ただひとり増える」というような。男は誰でもそう、というわけではないですけれど。

だから、男は子どもが生まれても変わりづらく、時間もおカネも、自分のために使い続けてしまうのでしょうね。これに対して母親は子どもと「一心同体」なので、子どもが生まれると自然に「変わらなきゃいけない」と思えるんじゃないでしょうか。無意識にそう思っているといいますか。

――たとえば1話では、結婚記念日の夜に、陽一は将来のマイホームについて知里と語り合おうとしますが、知里は出産のDVDを陽一と一緒に見ようと思っていました。この違いはなんでしょうか。

陽一も、決して悪気があるわけではないんですよね。マイホームの模型を作って、「ちゃんと将来を考えているよ、3人で幸せに暮らせるよ」というところを見せているわけです。

が、そこで話を終わっておけばよかったのに、「僕はこの部屋にひとりで……」などと余計なことを言って、それが全部間違った方向なものだから、妻を怒らせてしまう(苦笑)。

男って、どうも将来を夢見がちなところがある気がしますね。「大きくなったら、この子はどういう顔になるんだろう」とか「この先どんな人間に育つのかな」とか考えている。

それに対して女性は出産がスタートで、「今、この現実」を生きている。そういう違いもあるんじゃないかと思います。

※この記事の後編は2月7日(土)に公開します

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。