悩めるママ3万人が頼った、カリスマの秘密

「ママのイキイキ応援プログラム」とは?

山崎さんの講座を受けた子育てに悩む母親たちからは、「子どもとの関係が楽しくなり、前向きになれた」との声が寄せられている(写真: Taka / Imasia)

「ママイキ」こと『ママのイキイキ応援プログラム』を主宰する山﨑洋実(43)(やまさき・ひろみ)さん。コーチングの手法に基づいたママ向けセミナーを行い、悩み多きママたちの心の支えとなっている存在だ。

山﨑さんは、旅行代理店、英会話スクールでキャリアを積み、結婚を機に退職。専業主婦のときにコーチングを学び、2004年からセミナーを開始した。

「最初の頃はバカにされました。主婦はすぐ休むし、高い価格設定にできないから、主婦相手にコーチングビジネスは無理だと」

しかし、それは違った。

徐々に広まり、2014年には香港でもセミナー開催

週刊東洋経済臨時増刊「ワークアゲイン」は1月30日発売

セミナーは220期を超え、受講生は延べ3万人に上る。実は、セミナー初期は「いいお母さんになるためのコーチン グ講座」だったものを、現在のポジティブな響きを持つ名前に変えたことで、徐々に広まっていったという経緯がある。受講者の有志が、それぞれの地域で新たなセミナーを主催するという形で草の根的に広がっており、2014年は香港でも開催された。

ある受講者は言う。

「山﨑さんの教えは自己肯定感を持たせるもの。私は受講した当時、子どもとの関係に悩んでいました。子どもと一緒にいると疲れるだけでしたが、講座を受けて子どもとの関係が楽しいと思えるようになりました。そうすると、私自身が前向きになって、いろいろなことを試してみようという気になりました」

次ページセミナーを受けた母親たちはどう変わった?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT