悩めるママ3万人が頼った、カリスマの秘密 「ママのイキイキ応援プログラム」とは?

印刷
A
A
山﨑洋実(やまさき・ひろみ)●Happy Mommyプロデューサー&コーチ、Fine-Coaching主宰。1971年生まれ。大手英会話学校勤務時代に接客や人材育成の楽しさを知る。コーチングを基本に独自のママ向けプログラムを開発、2004年より「ママのイキイキ応援プログラム」を開始。『ママでいるのがつらくなったら読むマンガ』など著書多数。ブログはコチラ(撮影:今井康一)

セミナーを受けて変わる人は多いという。サロン系の仕事を始める人、会社で働き続けると覚悟を決める人、仕事を減らしてプライベートを充実させる人……。いずれも、自分の軸をしっかり持てるようになるのだ。

セミナーは約2カ月の間に2時間×5日間行っている。自分自身もママである山﨑さんだが、「子育てとの両立に悩んだことはない」と語る。ママ相手の講座は午前中から昼にかけて行われるため、子どもが幼稚園や小学校から帰る時間には家に戻ることができるからだ。子どもの学校が休みとなる夏休み、春休みの期間も、ママたちが忙しいため、講座を開くことはあまりない。

「2014年は宿泊する出張も増えましたが、基本は日帰りです。私は地方に行っても空港と会場となる公民館の往復ばかりで、一般的な講師と言われる人がうらやましい」と笑う。

子どもに『ごめんね』と言ってはダメ

子どもに『ごめんね』はダメ(写真:しまこ / Imasia)

山﨑さんは、「ママのメンタルが大切だ」と強調する。自分の心が整っていると、いろいろなことがうまく回り出すという。

「講座のときに子どもを預かると、私に意識を向けていないお母さんの子どもはずっと泣いている。私に集中しているお母さんの子どもは泣き止む。保育園にお迎えに行ったときに、子どもに『ごめんね』はダメ。悪いことしているみたいでしょう。『今日は楽しかった? お母さん、仕事頑張れたよ』と話しかけたらいい」

こうした具体的な話を通じてママの心をガッチリつかむ山﨑さん。「2015年はママ以外の人を対象にしたセミナーも増やしたい」と、意欲を燃やしている。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT