誰のためのMBOか 問われる“上場”の意味

誰のためのMBOか 問われる“上場”の意味

「今起こっている変化は入ったことのないジャングル。未踏のジャングルに踏み入るにあたり、株主の利益を毀損する恐れがある」

2月3日。レンタルソフト最大手のカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が開いたMBO(経営陣による企業買収)の発表会見で、増田宗昭社長は断言した。次世代「TSUTAYA」や中国進出など、次の展開に上場は不要、とでも言いたげだった。

CCCに限らない。今年に入り、引っ越しのアートコーポレーションなど、上場企業によるMBOと非上場化が相次いでいる。

なぜ今MBOが続くのか。

上場のデメリットとして挙がるのが、株主が短期的利益を求めるため、抜本的な事業再編をしづらいことだ。今やIR費用も無視できない。半面、キャッシュが積み上がり資金調達の必要がない企業も多く、経営者が非上場化を進んで選んでもおかしくない。

プレミアムは平均3割

MBOが世間の耳目を集めた契機は、2005年、アパレル大手のワールドとされる。それも約2100億円という規模に、産業界からは驚きの声が上がった。その後も上場企業のMBOが続き、06年から10年の5年間で125件に上った(野村証券金融経済研究所調べ)。

が、MBOを発表しても、すべて順調に成立するケースばかりではない。特に衝突しやすいのが、TOB(株式公開買い付け)に伴う買付価格だ。


人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。