誰のためのMBOか 問われる“上場”の意味

誰のためのMBOか 問われる“上場”の意味

「今起こっている変化は入ったことのないジャングル。未踏のジャングルに踏み入るにあたり、株主の利益を毀損する恐れがある」

2月3日。レンタルソフト最大手のカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が開いたMBO(経営陣による企業買収)の発表会見で、増田宗昭社長は断言した。次世代「TSUTAYA」や中国進出など、次の展開に上場は不要、とでも言いたげだった。

CCCに限らない。今年に入り、引っ越しのアートコーポレーションなど、上場企業によるMBOと非上場化が相次いでいる。

なぜ今MBOが続くのか。

上場のデメリットとして挙がるのが、株主が短期的利益を求めるため、抜本的な事業再編をしづらいことだ。今やIR費用も無視できない。半面、キャッシュが積み上がり資金調達の必要がない企業も多く、経営者が非上場化を進んで選んでもおかしくない。

プレミアムは平均3割

MBOが世間の耳目を集めた契機は、2005年、アパレル大手のワールドとされる。それも約2100億円という規模に、産業界からは驚きの声が上がった。その後も上場企業のMBOが続き、06年から10年の5年間で125件に上った(野村証券金融経済研究所調べ)。

が、MBOを発表しても、すべて順調に成立するケースばかりではない。特に衝突しやすいのが、TOB(株式公開買い付け)に伴う買付価格だ。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT