子どもの学力「親が共働きか否か」で差は出るのか 家庭の経済状況で左右される面があり一様でない

印刷
A
A
親のかかわりはどっちみち重要ですが条件によって変わってきます(写真:kikuo/PIXTA)
共働き家庭と専業主婦(主夫)家庭、親が家にいる時間で子どもの学力に差は出るのでしょうか? ブラウン大学経済学部教授エミリー・オスター氏は、経済学者として膨大なデータにあたり分析、そこから得た知見と、自身の子育て経験をミックスし、ベストな選択を提示する『米国最強経済学者にして2児の母が読み解く子どもの育て方ベスト』を著しています。親の同居・非同居が子どもの学力に与える影響について一部抜粋してお届けします。

片方の親が家にいることは、子どもの成長・発達にとっていい(あるいは悪い)のだろうか?これは極めて難しい問いだ。なぜなら、まず片方の親が家にいることを選ぶ家庭は、そうでない家庭と違う。この違いは、親が家にいる・いないとはまったく関係なく子どもに影響を与える可能性がある。

第2に、親が仕事に出ている間に子どもがどう過ごすかが、きわめて大きな意味を持つ。子どもは大きくなれば全員学校に通うようになるが、もっと小さな子どもなら、きちんとした保育環境にいるかどうかがあらゆる面での成長発達に影響する。

最後に、仕事をするということは一般にお金を稼ぐことを意味する。お金があるからこそ親子が経験できる機会もある。すると、収入への影響と、子育ての時間への影響を切り離すのは難しくなる。

こうした注意事項はあるが、データを掘り下げることはできる。

長く「育児休業」してもとくに影響はなし

最初の数年間を1人の親が家で過ごした場合の影響を調べた、因果関係を示すエビデンスのある調査を見てみよう。親が家にいた場合の子どもへの影響について、1年間と6カ月間、15カ月間と1年間ではどう違うかを評価したヨーロッパとカナダの論文だ。これらの国では、国の政策で出産・育児休業が何度か延長され、上のような期間の変更があった。

この文献では、親の選択ではなく、政策の変更が研究に利用されているので結果の信頼度は高い。出産・育児休業期間が6カ月から1年に延長になったことで、一部の女性は6カ月ではなく1年間家で過ごすことになった。6カ月間の休業制度下で生まれた子と、1年間の制度下で生まれた子を比較することで、両親の間の根本的な違いを気にせず、育児休業の効果を知ることができる。

結論としては、育児休業の延長による子どもへの影響は何もなかった。子どもの学校の成績、成人してからの収入、そのほかにも影響はなかったのだ。

次ページ成績トップは「パートタイム」×「フルタイム」家庭
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT