集中できない人は「散漫力」を使えばいい!5秘訣 「最近、どうも集中力が続かない…」悩む人、必読

印刷
A
A
「集中力が続かない!」という方は必読。「『散漫力』で仕事をこなす簡単5大攻略法」をご紹介します(写真:jessie/PIXTA)
テクノロジー、政治、経済、社会、ライフスタイルなど幅広い分野の情報を発信し、日本のインターネット論壇で注目を集める佐々木俊尚氏。
「ノマドワーキング」「キュレーション」などの言葉を広めたことでも知られ、2006年には国内の著名なブロガーを選出する「アルファブロガー・アワード」も受賞している。
その佐々木氏が、このたび、『現代病「集中できない」を知力に変える 読む力 最新スキル大全』を上梓した。
「ネット記事」「SNS」「書籍」などから、「読むべき」記事をいかに収集し、情報を整理し、発信していくか、自身が日々実践している「新しい時代の読み方」の全ノウハウを初めて公開した1冊で、発売後たちまち4万部を超えるベストセラーになっている。
その佐々木氏が「集中力がない人でも『散漫力』を使って仕事を効率にこなす5秘訣」について解説する。

「スマホ」によって「集中力」が続かなくなった現代人

私たちは、「スマホ」という手軽な武器を手にしてから、ますます飽きっぽく注意散漫になり、「集中力」が続かなくなった。この「集中力」の問題に苦しんでいる人は多いのではないだろうか。

『現代病「集中できない」を知力に変える 読む力 最新スキル大全: 脳が超スピード化し、しかもクリエイティブに動き出す!』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

書店でも「集中力を高めよう」「こうすればあなたの集中力は高まる」というハウツー本があふれかえっている。そういうネットの記事も、頻繁に目にする。

しかし、「集中力をつけなくては」と我慢してパソコンに向かえば向かうほど、「集中力をつけなければいけない」という強迫観念に引きずられてしまう。本来やらなければいけないパソコンでの仕事がおろそかになり、気がつけば「集中力のことばかり考えている」という「本末転倒の事態」にもなりかねない。

私が書き下ろした最新刊『現代病「集中できない」を知力に変える 読む力 最新スキル大全』では、「集中力」ではなく「散漫力」という新しい姿勢を提示した。

「散漫力」というのは、無理に集中しようとするのではなく、あえて「散漫さ」を逆活用することで、実は生産性を高めることができるというものだ。実は「集中力」がなくても、「散漫力」をうまくコントロールすれば、仕事はいくらでもこなせるようになる。 

では、どのように「散漫力」をコントロールすれば仕事をこなせるのか。ここでは、「『散漫力』で仕事をこなす簡単5大攻略法」を紹介したい。

次ページ集中する時間は「短くてもOK」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT